読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SLAM DUNK 14 (ジャンプコミックス)

SLAM DUNK 14 (ジャンプコミックス)

SLAM DUNK 14 (ジャンプコミックス)

作家
井上雄彦
出版社
集英社
発売日
1993-08-04
ISBN
9784088716244
amazonで購入する

SLAM DUNK 14 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

海南大附属との後半戦。ゴリは足を負傷しているのにも関わらず、精神で全てをカバーしている。キャプテンの彼にとっては負けられない試合なのだ。海南大附属は、牧が本領発揮!安西先生が牧を抑えるために4人でプレッシャーをかける。花道は、神を抑える作戦へと変更。花道は無尽蔵なスタミナがあり、後半戦終盤でも体力が衰えることがない。彼は天才だと自分を言うけれど、自分が初心者なのは自覚している。フリースローでも下から両手で放ち得点を決めている。考えるからこそ上達も早い。白熱した戦いが続くが湘北が逆転することなく、試合は続く

2018/07/13

皐月

足の怪我を押して主将・赤木が戻り、勢いにのる湘北高校。本調子の牧のプレイが凄い。牧さん相手に四人がかりで封じ込める。神のシュートフォームが綺麗。残り2分が勝負、この後の展開は見たくないような…。花道の驚異的なスタミナと、花道自身が考えた独自のフリースロースタイル。花道のフリースローの場面での、安西先生とメガネくんの会話がいい。「自分一人が初心者という状況でそれでもなんとかしようといつも彼なりに必死に考えながらやってるんですよ…」「上達が早いわけだ…!!」安西先生はちゃんと花道のことを見てる。

2016/06/12

グレ

賑やかし・お笑い・謹慎担当の桜木ガヤ軍団がまさか解説役に回るとは!! 一番の苦手分野・フリースローを天才マンは克服できるのか!?!? 宮城“マッハ”リョーちんもシュートを入れ、6点差 ⇒ 4点差 ⇒ 6点差 ⇒ 4点差 ⇒ 6点差 ⇒ 4点差 ⇒ 6点差 ⇒ 4点差 ⇒ 6点差 ⇒ 4点差 ⇒ 6点差 ⇒ 4点差 ⇒ 6点差で残り90秒……で3P!?? 「常勝」王者・海南にどこまで食らいつくんだ!凄いぞ湘北!!!

2020/01/30

greenish 🌿

(再読)THE BEST---インターハイ県大会、王者・海南大附との激闘。「やっとつかんだチャンス」をものにするため、満身創痍の赤木。精神が肉体を越える瞬間、何かが起こるんですよね! ハラハラ・ドキドキ、勝負の行方は!?

2014/08/16

exsoy

既読・再読。海南だと神さんが一番好き。

2015/02/07

感想・レビューをもっと見る