読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

作家
冨樫義博
出版社
集英社
発売日
2017-06-26
ISBN
9784088812489
amazonで購入する Kindle版を購入する

「HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)」の関連記事

冨樫義博『HUNTER×HUNTER』連載再開に歓喜の声「相変わらず熱い展開!」

『週刊少年ジャンプ』9号(集英社)

 2018年1月29日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』9号から、休載していた『HUNTER×HUNTER』の連載が再開。待ちわびていたファンからは「今回は早かったですね!」「相変わらず熱い展開で安心した」と歓喜の声が上がっている。

 同作は2017年6月に1年ぶりの連載再開を迎えたが、同年9月に再び休載。その後2017年12月に連載再開の告知が掲載され、「年明けが楽しみすぎる」とファンの注目を集めていた。連載再開の1発目はセンターカラーで掲載され、現在のエピソードの中心となるキャラクター・クラピカが淡い色彩のイラストで登場。本編の直前にはこれまでのストーリーを振り返るあらすじも付いているので、前回までの流れを忘れてしまった人でも安心して読み始めることが可能だ。

 休載前最後のエピソードが掲載された『ジャンプ』では、作者の冨樫義博が「年内にもう1回復活します」と宣言。しかし実際には年明けの再開となってしまったことから、『ジャンプ』9号の巻末では「去年中に復活すると言ってて結局年明けになってしまいすみません。頑張ります…

2018/1/30

全文を読む

冨樫義博『HUNTER×HUNTER』連載再開告知に歓喜の声続出!「思ったより早くて嬉しい!」

『HUNTER×HUNTER』34巻(冨樫義博/集英社)

 2017年12月4日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』1号で、『HUNTER×HUNTER』の連載が2018年から再開されることが告知された。待ちわびていたファンからは「思ったより早くて嬉しい!」「新年から『HUNTER×HUNTER』読めるの最高だね」「そろそろゴンとかキルアとかの顔も見たいなぁ」と歓喜の声が上がっている。

(C)SHUEISHA Inc. All rights reserved.

 連載再開が告知されたのは、『ジャンプ』創刊50周年記念プロジェクトの数々が発表された特報ページにて。同作は長期間の休載がたびたび挟まれることで話題になる作品だが、前回は2017年9月に作者・冨樫義博の体調の都合で連載がストップしていた。

 4カ月ぶりに再び物語が動き出すとあって、「冨樫先生無理しないで! でもありがとう!!」「早速来年の楽しみが増えて早く年越したい」「ゆっくりで良いから続けてくれればそれが一番うれしいよね」「もう冨樫先生の漫画が読めるってだけでテンション上がる」と、冨樫への労…

2017/12/5

全文を読む

関連記事をもっと見る

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

びっくりした!連載再開に合わせて発売なワケね。クロロとヒソカの決闘は、やっぱり単行本で一気呵成に読まないと理解が付いていかない。それくらい二転三転裏の裏読みが必要ということ。そしてヒソカが戦闘スタイルを変えた時、やっぱりグリードアイランドで共闘したのは〝あの時だけ〟だったのだな、と・・・。狂気の人なのだ、基本的には。 後半の船旅も、クラピカがいみじくも言ったように、まさに壺の中の蠱毒。おぞましい戦いが始まりそう。

2017/06/27

長野秀一郎

先に評価を述べる。既刊をすべて読み、所持してるファンにとっては評価5以上。だがそうでない人、まして初めて接する人には評価3かそれ以下だ。まずヒソカVSクロロ戦が始まるのが唐突すぎる。既刊全部読んでる私でも「?」と思った。クロロの能力も複雑すぎて心理戦についていくのに一苦労。生首投げたり振り回したりはスプラッタを通り越してる。後半の王位継承戦もキャラ多すぎで煩雑すぎる。それでも大筋はわかるのはさすが冨樫と言えるが、刊行速度遅すぎて新刊出るたびに1巻から読み直するハメになるのは不幸なのか幸福なのか。

2017/07/06

ゼロ

表紙にもなっているクロロとヒソカが戦います。クロロの能力の説明は、ヒソカへのミスリードを誘うもの。ヒソカは、結果的には死ぬまでその事実に気付かずに、純粋にクロロと戦っていると思っていた。戦いに関しては純粋なヒソカ。しかし、それ故にルールを破った旅団を許すことができず、殺戮を始める。今回、意外なメンバーが命を落とすことになります。そして、新大陸への旅立ちが始まり、継承戦が始まる。短い中でも死人が出て、各王子の思惑が出始める。最後まで生き抜くのは誰なのか。最後にクロロ戦について解説がありました。

2017/08/10

鱒子

ここ数日間ずっとこの漫画にかかりきりです。難しい〜〜( ´Д`) ハンター×ハンターは、心理戦が、面白くかつ難しい漫画ですが、今回は特に‼︎そうでした。 登場人物クロロの能力が以前とは違っていて、 ちょ、ソレずるい!チートだわ!!という感じ(特に「栞のテーマ」と、「死によって強まる念」の概念)があります 。 でも結局、やっぱりこの漫画は素晴らしく面白い!ーーだから、「冨樫、また休載かよ」なんて言っちゃダメですよね(^◇^;) 週刊少年ジャンプに「不定期連載」ってことで納得して、追い続けます。

2017/06/29

山田太郎

なにがなんだかよくわかんないけど面白かった。新刊でるたびに前の分読み返さないとよくわかんないというか読み返してもよくわかんない。

2017/07/08

感想・レビューをもっと見る