読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

度胸星 (04) (ヤングサンデーコミックス)

度胸星 (04) (ヤングサンデーコミックス)

度胸星 (04) (ヤングサンデーコミックス)

作家
山田芳裕
出版社
小学館
発売日
0000-00-00
ISBN
9784091524546
amazonで購入する

度胸星 (04) (ヤングサンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

本 読むぞう

当時度胸星を連載していたヤングサンデーには、この漫画のような、すこし変わっているけど、ヤングサンデーでしか読めないような漫画が多く載っていたのに、編集長が交代した際、そういった漫画を打ち切りにして、どこでも読めるようなラブコメディやセクシーな漫画ばかり連載した結果、売り上げを落としてしまった、 と、出版関係の友達に教えてもらいました、 テセラックを今後どう扱うつもりだったのか、とても興味があります、

2013/12/18

内島菫

なぜ途中で終わったのか、ストーリー構成上の理由を色々憶測するのが楽しい。何か前提が間違っていたのか描いてはいけないことを描いたのか。強力過ぎる高次元の敵テセラックに、真正面から戦うのはかなり厳しそう。二次元キャラが、三次元の我々に戦いを挑むようなものだ。しかし、火星に一人生き残った宇宙飛行士が、テセラックに一矢報いようとする部分が一番面白かった。話の終わりというものは、大体が取ってつけたようなものだ。ならば、話は終わる必要などない、あるいは、終わってもいいが、終わることを重視する必要なはい。

2013/09/05

コロヒト

映画「オデッセイ」で思い出して何度目かの再読。ここで終わったからいいのかも…と思えるようにはなったかも。未完の傑作。

2016/02/14

古本サバイバー

久々再読。 最強の打ち切り漫画だよ

2016/10/23

koi

実しやかに噂されている編集長交代による打ち切り説、これ読むまではそんなバカな、と一笑に付していたがこのラストを見たら信じてみたくもなる。いよいよこれからという所でまさかの終わり。次巻があるものと信じて疑わずちょっと探してしまったけど、どうやらこれで終わりらしい。工エエェェ(´д`)ェェエエ工それは無いよ。登場人物に感情移入もし始め、物語も起承転結の転にきた瞬間このお預けを食らった感じ。もったいないなあ。打ち切りが惜しまれる作品の話をしていると必ずあがるので一度読んでみたかったけどまさにその通り。惜しい。

2015/07/13

感想・レビューをもっと見る