読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

阿房列車 (3号) (IKKI COMIX)

阿房列車 (3号) (IKKI COMIX)

阿房列車 (3号) (IKKI COMIX)

作家
内田 百〓
一條裕子
出版社
小学館
発売日
2010-12-22
ISBN
9784091791184
amazonで購入する

阿房列車 (3号) (IKKI COMIX) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

3巻目は四国阿房列車まで。原作はこの後も続くが、コミック単行本はここまで。この先も書いてほしかった。百閒先生が、熱を出して旅先で苦しむ話がラスト。原作の通りなのだろうが、旅の終わりからフラッシュパックして物語が進行するのが新鮮であった。この巻は、九州の豪雨(1951年?)から逃げながら旅行を続ける話が約半分を占めていて、何も目的のない旅行に緊張感を添えている。

2017/06/14

きあ

やっと手に入れ、やっと読了。そして阿保列車シリーズ読み終わってしまった虚しさ…。ああもう新しいものは出ないんだぁという寂しさ。でも最終巻もやっぱりニヤニヤしながら楽しんで読めました。最終話で百聞先生の体調が悪くなってしまったものでは過去の事とわかってはいても心配になってしまいます。阿呆列車シリーズでヒマラヤ山系君のお供はまさにこの時を予見していたようなものだったのでしょうね。また随筆版を読み直しながら電車の旅にでも行ってみようかなぁ。18切符の時期に(笑)

2014/10/12

ビスコ

雷九州、長崎、房総、四国を収録。これで最終巻。寝台列車の猿は未収録かあ……

2016/07/22

筋書屋虫六

今度の阿房列車は九州や四国などの西国方面が舞台。列車は快調に悠々と走るんですが、雨や風邪が百間先生の旅を阻みます。目的がなくてもコンディションが良くないとやっぱり楽しめないのね。それにしても百間先生とヒマラヤ山系君のコンビは狂言芝居を観るようで滑稽です。殿様=先生、太郎冠者=山系君。それから、出かける度に交趾君から借りることにしているお気に入りの鞄をこうたびたび使うなら自分のものと思ってしまおうという無茶苦茶さが好きです。

2011/01/23

待つ子

三巻からいきなり読んでみる。(原作の)噂には聞いてたけど、ほんとに乗ってるだけで何もしない(笑)。でも楽しいのはなぜだ。漫画表現が面白くて、いいなぁ。

2011/01/06

感想・レビューをもっと見る