読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

水木しげる 妖怪大百科

水木しげる 妖怪大百科

水木しげる 妖怪大百科

作家
水木しげる
小学館クリエイティブ
出版社
小学館
発売日
2004-10-28
ISBN
9784092203211
amazonで購入する

水木しげる 妖怪大百科 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

wata

小学生の頃に呼んだ本♪懐かしかった(^^)子供の頃は怖いと思いながらも何故か一生懸命読んでた!不思議な世界だけど本当にいるような気がして…。

2016/09/11

なかつま

バイブル!

小川香織

★★★★★★1974年に刊行された『妖怪なんでも入門』をタイトルを変え、復刊したもの。 妖怪って何、どこに住んでいるの、どうして怖いの、今もいるのなど、数々の疑問や謎について水木しげるさんが回答している。怖くて、奇妙で、ヘンテコで、でもなんだか愛しい。80妖怪のプロフィール、日本妖怪地図のほか、劇画『オベベ沼の妖怪』も収録。緻密な線や独特の点描による着彩の妙につい見入ってしまう。理性ではなく、感性による直観の純粋な形での精髄を表象していると思います。

2013/11/24

yuki

ゲゲゲロードにある「妖怪文庫」というお店で購入。息子用にだけど、私は懐かしい!素晴らしい!やっぱり想像力は大事だ!今の子供たちも最近の可愛いポップな妖怪だけじゃなく、こうゆうのをみて怖がって欲しい。

2015/08/27

yomineko

妖怪学(?)の先駆者、水木しげる大先生の大人から子供までを対象にした妖怪大百科。表紙がかわいいので寝室に放置していても怖くない!でも中身はちょっと怖いです。ねずみ男が300年お風呂に入っていないと知ってほんとにイヤになっちゃったw 現代社会では妖怪が出現しにくいけれど都会の片隅できっと、、、出てる!と信じています。

2013/08/23

感想・レビューをもっと見る