読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

小説「映画ドラえもん のび太の月面探査記」 (小学館ジュニア文庫)

小説「映画ドラえもん のび太の月面探査記」 (小学館ジュニア文庫)

小説「映画ドラえもん のび太の月面探査記」 (小学館ジュニア文庫)

作家
辻村深月
藤子・F・不二雄
出版社
小学館
発売日
2019-02-07
ISBN
9784092312760
amazonで購入する

「小説「映画ドラえもん のび太の月面探査記」 (小学館ジュニア文庫)」のおすすめレビュー

ドラえもん最新作を全力で大人にオススメする理由。「月のウサギ」を追うのび太が遭遇するのは…

『小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記』(藤子・F・不二雄:原作、辻村深月:著/小学館)

 アポロ11号による人類初の月面着陸から50周年にあたる今年2019年は、月に関する話題には事欠かない年だ。1月には中国の無人探査機が史上初めて月の裏側に着陸し、2月には、アポロ11号のアームストロング船長が主人公の映画『ファースト・マン』も公開された。そして3月。春休み恒例の映画ドラえもんの舞台もまた、月面である。

 その映画で脚本を手掛けた直木賞作家・辻村深月による書き下ろしの小説が、本書『小説映画ドラえもん のび太の月面探査記』(藤子・F・不二雄:原作、辻村深月:著/小学館)だ。

●今年の冒険の舞台は月面。月にはウサギがいるって本当…?

 物語は、月面探査機が謎の白い影を捉えた直後、通信を絶つ場面から始まる。のび太の学校でも、そのニュースの話でもちきりだ。「白い影は月のウサギに違いない」と、得意げに自説を披露するのび太。案の定クラスメイトたちから馬鹿にされ、ドラえもんに泣きつくことになる。

「仕方ないなあ」とドラえもんが四次元ポケットから取り出したのは、…

2019/3/1

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

小説「映画ドラえもん のび太の月面探査記」 (小学館ジュニア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Twakiz

ドラえもんワールドを辻村先生が描くと,こうなるのね.映画にはない場面もちらほらあり楽しめる.脚本も辻村先生の映画.家族で観た.自分は大山のぶ代ドラ世代だがこれは水田ドラ世代の傑作だと思う.子どもたち用にジュニア文庫版を購入したが(ハードカバー版も内容は同じとのこと),大人版も買わなくては.想像力は未来だ.想像力があるから,いつでも逢える.

2019/03/24

アキナ

映画は先に見ました。とってもドラえもんだった。作者を見ないで読んだら辻村さんだとわからないかもしれない。けど辻村さんだと思って読んだので、ドラえもん愛に溢れて色んな道具が出るところや、のび太だけじゃないジャイアン達の優しさや、生きづらい子供達が隠れるように生きていたことや、辻村さんらしさが要所に溢れていました。ジュニア版は総ルビだったので、低学年の子も読めそうです。同じ文章を大人と子供が版違いで読めるのもとてもいい。

2019/03/23

you

映画を見終わった後すぐに書店に走り購入。映画では疑問が残っていた部分も小説を読むことで補完されました。舞台は月の裏側。「月にはうさぎがいる」という主張をからかわれたのび太は、ドラえもんのひみつ道具を使って月の裏側に暮らすうさぎを作る……。ほとんど映画と同様の進行でありながら、ルカ達エスパルの千年の孤独や、ディアボロが変貌を遂げる過程などが細かく描かれていて、より理解が深まりました。子どもにも読みやすい文体で、天動説や地動説など科学に関するワードが豊富なのもドラえもんらしい。1冊まるごと大冒険でした。

2019/03/25

みつひろう

発売前に図書館に予約したら、渡されたのジュニア版...。辻村深月ということで、ちょっと期待したんだけどなあ...。

2019/03/05

ジャム

ドラえもんの映画の脚本を手掛けた辻村深月さん自ら小説化!ドラえもんファンを自負する辻村さんの手によるものだけあって、本当に隅から隅まであの昔懐かしの「ドラえもん」ワールドそのものであったこと(ファンなら分かるニヤリとするドラえもんネタも多数)に驚嘆!映画ドラえもんを観てワクワクしていた子供時代を思い出しました!かつてドラえもんを観て育った子供だった大人のすべての人に薦められる小説だと思います!これは、3月1日から公開される辻村さん脚本の映画も俄然観たくなりましたね!映画ドラえもんの友情譚は永久に不滅です!

2019/02/07

感想・レビューをもっと見る