読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

廃市 (P+D BOOKS)

廃市 (P+D BOOKS)

廃市 (P+D BOOKS)

作家
福永武彦
出版社
小学館
発売日
2017-07-11
ISBN
9784093523073
amazonで購入する Kindle版を購入する

廃市 (P+D BOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

藤月はな(灯れ松明の火)

ずっと、「廃市」が読みたかったのですが文庫版は絶版していた所、こちらの版で刊行されていたので購入。紙質が影響しているのか、大きな版にも関わらず、結構、リーズナブルな値段です。何故、当事者である彼以上に彼女達は「彼は妹/姉の方を愛していた」というのか。特に郁代の固執は『狭き門』のアリサの意固地さに気位の高さを足したように感じて不快な息苦しさを覚える程。彼女達の言を取ると彼の言が霞んでしまうという不可解さ。まるで愛している人に向ける愛は、結局は自分が信じたいものでしかないと言うかのように。

2018/05/01

【廃市】 青年Aは卒業論文を書くために訪れた田舎町で、地所の夫妻と妻の妹の三角関係に巻き込まれる。頽廃と享楽とが背中合わせに両立したその町は、旧弊で因習的な空気が圧倒的に強い"次第に滅びつつある町"だった。福永武彦の作品にはこういう町がよく出てくるが、本作では主人公である青年Aが事件に対しても土地に対しても最初から最後まで傍観者でストレンジャーであるからか、他の作品で感じた曇天の空に押しつぶされるような圧迫感はなく、その代わり、荒野に一人取り残されたような心許なさと呆然とした心地が胸に残った。

2019/05/15

s

ひと夏、親戚の紹介で旧家の世話になることになった語り手の青年。そこで美しい姉妹と、姉の夫を巡る複雑な人間関係に触れることになる。水路が縦横に巡らされた、美しく、どこか退廃的な雰囲気が漂う田舎町を舞台とした名品。表題作の他に「沼」「飛ぶ男」「樹」「風花」「退屈な少年」。とらえどころの無い先鋭的な作品と、人間関係の微妙な綾を描いた作品。そのどちらにも孤独と人恋しさが滲む。

2017/09/04

宇佐見

表題作も良かったが、お気に入りは最も短い「沼」。悲劇へと向かっていく様子が淡々と描かれていて、悲劇が予想されるのにグイグイと引き込まれていった。同じ系統の「退屈な少年」も好み。「石」とか「風」とか、独特な表現もなんとなく共感できて◎。★★★★☆

2017/11/26

かいこ

最初の四編はとても良かった。一つ一つの言葉の選び方がとても好きだ。緩やかな衰退と、やがて確実に訪れるご破算。時折挟まれる抽象的な観念。「廃市」がずば抜けて好きだけれど「飛ぶ男」の分離と、浮遊するイメージも良かった。

2017/11/20

感想・レビューをもっと見る