読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は

今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は

今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は

作家
福徳秀介
出版社
小学館
発売日
2020-11-11
ISBN
9784093865753
amazonで購入する Kindle版を購入する

「今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は」のおすすめレビュー

ジャルジャル福徳の穏やかじゃない青春小説! 孤独なもの同士の数奇な出会い。5ページにもわたる告白の凄まじさ

『今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は』(福徳秀介/小学館)

 2020年の「キングオブコント」で優勝したお笑いタレント、ジャルジャルの福徳秀介が初の小説『今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は』(小学館)を上梓した。福徳は元々文章を書くのが好きで、知人に「書いてみたら?」と言われ執筆を開始。改稿に改稿を重ね、4年をかけて完成したという。

 舞台は著者の出身校でもある関西大学。主人公は同大学2年生の小西徹だ。入学前は充実で華やかなキャンパスライフを謳歌するつもりだった小西は、実際には孤独で冴えない毎日を送っていた。楽しそうな学生のグループを妬みながら、唯一の友人である山根と学食でだらだらと喋ってばかりいる。

 小西はキャンパス内で一年中日傘を差している。この日傘は自分を周囲から遠ざけるための鎧のようなもの。「あいつは変人だから近づかないようにしよう」と自分を避けてもらえば、堂々とぼっちで過ごせるというわけだ。

 そんな小西は、遠くから見ても目立つ大きなお団子ヘアーの桜田花に魅了される。いつも出入口にいちばん近い席につき、授業終了後真っ先に退室する彼女に…

2020/12/19

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は」の関連記事

ダ・ヴィンチニュース編集部 ひとり1冊! 今月の推し本【2月編】

 ダ・ヴィンチニュース編集部メンバーが、“イマ”読んでほしい本を月にひとり1冊おすすめする新企画「今月の推し本」。  良本をみなさんと分かち合いたい! という、熱量の高いブックレビューをお届けします。

風化以前に現実さえ知らない3.11の福島『家族写真 3.11原発事故と忘れられた津波』(笠井千晶/小学館) 『家族写真 3.11原発事故と忘れられた津波』(笠井千晶/小学館)  2011年3月11日から早くも10年が経とうとしている。当時、実家の茨城から通勤していた私は、会社で夜が明けるのを待った。報道される悲惨な光景が現実のものとは思えなくてただただ茫然としていた。ここ一年でいえば、『典座 -TENZO-』『Fukushima 50』『浅田家!』と3.11に関する作品に触れ、立場が異なる被災者の感情に触れたつもりでいた。もちろん当事者ではない私が軽々しく理解できたなんていうことは到底不可能だが、毎回胸が張り裂けそうになった。『家族写真 3.11原発事故と忘れられた津波』は、福島第一原発から近く、集落の7割が津波被害を受けた南相馬市萱浜地区で暮らすあ…

2021/2/26

全文を読む

ジャルジャル福徳さんが選んだトラウマ級「クリスマスに贈りたい“恐怖”絵本」とは?

『からすのパンやさん』や『ぐりとぐら』など、大人にとっては懐かしいロングセラーの名作絵本や、不動の人気、ヨシタケシンスケさんの哲学的な絵本など…子どもも大人も楽しめる絵本作品が数多くある中、 ダ・ヴィンチニュースは、本の目利きのみなさんに贈りたい人を想定して「クリスマスに贈りたい絵本」を選書してもらいました。お家時間が増えた2020年、会えない遠くの大切の人や、友人、自分へのプレゼントに絵本を! まだお子さんのクリスマスプレゼントが決まっていないという親御さんの参考になれば幸いです。 「キングオブコント2020」優勝、お笑い芸人としもキャリアを重ね、絵本に続き11月には恋愛小説『今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は』を発表したばかりのジャルジャル福徳秀介さんが選んだトラウマ級(!?)絵本とは? 子どもたちへ

クリスマスは楽しい。とても楽しい。 クリスマスが終われば、大晦日。これまた楽しい。 大晦日が終われば、お正月。これも楽しい。 クリスマスからずっと楽しい。最高。 こんなときこそ、こわいおはなしを読むチャンス。 どれだけこわくても大丈夫。 楽…

2020/12/12

全文を読む

関連記事をもっと見る

今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いこ

集団で過ごす事を好まない大学生二人の、一風変わった出会いを描く。徹は、キャンパスで人目を避けるため、日傘をさして歩く。花は「大きなお団子ヘア」で鎧って校内を闊歩する。こんな二人には不思議な縁があった。別の家庭に育ちながら「同じ言葉」を大切にしていたのだ。それが既成の言葉でない所がよい。徹は祖母から、花は父から教わった言葉。それぞれ素敵な言葉が満載である。一方、徹のバイト仲間のさっちゃんの健気さ・切なさは、全読者の心をえぐるであろう。そのさっちゃんの五頁に渡る独白文こそ、この作家の真骨頂であると思う。必読!

2022/05/07

♡ぷらだ♡

読み友さん超オススメ本。本書は、ジャルジャルの福徳さんの小説デビュー作。前半、みんなの視線を遮るために盾として日傘をさしている不器用な主人公の小西は、たった1人の友達山根くんとひっそりと大学生活を送りながら、大きなお団子頭の桜田さんに胸キュンキュン。その前半の青い空がずっと続くとおもいきや、後半は急展開で曇や雨模様。切ない気持ちになる。随所に小西のおばあちゃんや桜田さんのおとうさんの名言が散りばめられていて心に突き刺さる。読後は、不思議と爽快な気分になれる1冊。

2022/01/11

10$の恋

ジャルジャル福徳さんの初小説。彼の感性に圧倒され、ビックリするほど「言葉の力」に感動した。 関西大学に通う小西は、いつも日傘を差すチョイ変なヤツ。ある日学食で「一人ざる蕎麦女」にグッとくる。さて、無味で孤独な大学生活が変化し出したぞ。だが順調な恋の接近が急転直下…。彼らの吐く言葉はどれも新鮮で素直でダイレクトだ。堪らなく優しい表現の波動が私の心を抱きしめる。飾らない本音にクスッと笑いつつ涙ジンワリの私。ラストは胸に刺さる不条理…からの希望に。今日の空_、私も「今日の空が一番好き!」と思って生きて行きたい。

2021/12/10

りんご

「自意識」過剰だと非常に生きづらくなる。身に覚えありません?思春期から大学生くらい頃。モテたいけどモテたいって思ってるのは知られたくない、とかよ。ジャルジャルのコントを思わせる進行、シーン。妙なタイミングで絶妙なセリフを繰り出す登場人物、居そうで居ない奴ら。ありそうでない世界。だって小説だもの、いいのよ。さっちゃんの長台詞、いやその直前くらいから切なさで胸がシクシク痛んだ。ああー、いい。凄くいい物語だった。クライマックスの絵が浮かぶ。嗚呼これは“驚異的な”恋愛小説。ジャルジャル嫌いじゃなければ是非読んで。

2021/10/25

はにこ

きっと色々な意見があると思うけど、とても良い作品だったと思う。大学生特有の大人になりきれていない感、自分だけが分かっているこだわりがあってそれを捨てきれないめんどくさい感。大学生活に憧れたけど実際とは違っていたと思う感情。どれもリアルでありながら無駄の無い洗練された文章。登場人物が父親や祖母が言っていた言葉を大切にしていることもとても好感が持てた。福徳くんにはまた是非小説を描いてもらいたい。

2021/04/25

感想・レビューをもっと見る