読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幸福な食堂車: 九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の物語 (小学館文庫プレジデントセレクト)

幸福な食堂車: 九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の物語 (小学館文庫プレジデントセレクト)

幸福な食堂車: 九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の物語 (小学館文庫プレジデントセレクト)

作家
一志治夫
出版社
小学館
発売日
2016-09-06
ISBN
9784094700091
amazonで購入する

幸福な食堂車: 九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の物語 (小学館文庫プレジデントセレクト) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hatayan

豪華列車「ななつ星」のデザイナーとして知られるようになった水戸岡鋭治の評伝。財務基盤が弱いJR九州は、斬新な発想がなければ生き残れないとする危機感のもと、福岡市の不動産業者を介して水戸岡と邂逅。予算の制約があるなか古い電車の改装を皮切りに、採算の取れない食堂車にこだわった特急「つばめ」、車内に原色を多用した「ソニック」、座席に木材を使った新幹線「つばめ」など、常識を打ち破る車両を次々と世に出します。水戸岡の心意気に動かされた周囲、現状に満足せず謙虚に考え実践し続ける水戸岡の仕事の姿勢を伝える一冊です。

2020/09/29

キンセンカ

JR九州は先月上場を果たしましたが、既に上場している3社とは異なる独自性があります。その秘密のひとつがこの本に書かれています。

2016/11/04

ayyasui1985

大ファンであるJR九州の車両デザイナー水戸岡さんの物語 角田光代の文庫版解説がその通り!と思うところばかり。仕事論として面白い。 心に残るフレーズ↓ ・成功するプロジェクトに参加してみてわかるのは、成功へと導く「気」の存在だ ・そういう阿吽の呼吸をつかんだ人は、人を引っ張る力も携えているから、人は吸い寄せられていく ・一生懸命何かを考えながら仕事をしていくと、誰かがいいタイミングでものを提供してくれる ・仕事にはパン仕事と花仕事がある

2016/11/29

とってー

ただただ、面白くて一気読み!フィクションかと思うくらい登場人物のキャラクターも立っているし、出来事すべてがドラマチック!妥協しない、面白いこと大好き、なんでも挑戦、熱い男たちの"下町ロケット的"な闘いストーリーに心奪われる!きっとお仕事系の作品が好きな人はハマるはず!

2016/11/20

kobayo

JR九州の快進撃の理由はここにあったのかと納得。プロの仕事とはなにか、どうあるべきかをあらためたて考えさせられた。

2016/12/14

感想・レビューをもっと見る