読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

いちねんせい

いちねんせい

いちねんせい

作家
谷川俊太郎
和田誠
出版社
小学館
発売日
1987-12-10
ISBN
9784097270126
amazonで購入する

ジャンル

いちねんせい / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まめ

読み聞かせの始めに1つだけ読んであげました。この詩集に限らず、子どもたちは詩が好きなようで、読み聞かせの始めに詩を読むと、もっともっとと言います。

2018/12/01

HIRO1970

⭐️⭐️⭐️子供の頃に読みました。

2014/12/31

水松

ちょうど一年生になる時にいただいた本です。詩も絵も味わいがあっていいです。恐らく初めて出会った詩です。「あ」「せんせい」のように学校を主題にしたものも多くあります。でも、初読では不思議な感じがしてよくわからなかった覚えもあります。けれども、一年生になる子にぜひ音読して、この不思議さを味わってもらいたいなとも考えます。

2014/08/01

けいこん

かわいくて、でも、結構深い詩集。いちねんせいに、というよりは、いつか、いちねんせいだった、全ての人に。1987年の本なのに、いまだにレビューが書かれてるところがすごいな。

2016/03/01

みさどん

1年生には深すぎる詩がたくさんです。3,4年生でもわかるかなあ、この良さ。初めての出会いというテーマでしょうか。ページごとに大きく世界観が異なって、楽しめます。声に出してそのリズムを楽しまなくちゃ。

2015/02/27

感想・レビューをもっと見る