読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

MAO (10) (少年サンデーコミックス)

MAO (10) (少年サンデーコミックス)

MAO (10) (少年サンデーコミックス)

作家
高橋留美子
出版社
小学館
発売日
2021-10-18
ISBN
9784098507238
amazonで購入する Kindle版を購入する

MAO (10) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

幽羅子の悲劇、そして彼女が菜花に向けた呪縛。悪意の部分を含めて嫌いになれないな。不知火の目論見も徐々に明かされてきたが、今一つ小悪党感が否めない。中ボス的というか。華紋や百火が味方として馴染んできたが、特に華紋あたりは信用し切ってよいものだろうか。まぁこの物語で一番お気に入りではあるのだけれど。不知火の配下、術を与えられた者たちの悲劇が続く展開だが、面白くなってきた。

2021/10/18

ぐうぐう

言葉は人を救う。幽羅子が語る過去、そこには摩緒を想い慕う原点があった。その真相に惹かれ、打ちのめされる菜花だったが、華紋がそこに水を差す。「きみは幽羅子に呪われたんだ」真相を話すことで菜花の心に楔を打ち込んだと告げる華紋。「言葉は呪いなんだ」同じ過去、同じ真相、同じ言葉。しかし、それは救いにもなれば、呪いにもなる。語る者、聴く者の気持ちひとつで、それは容易に変わるのだ。

2021/10/20

garakuta@寝る三時間前に風呂を浴びると良い睡眠

【体操しもって、読了】:おきな書房さんで、購読中。実に絶妙なる本流と巧みな伏線が絡み合い非常に面白いストーリー構成だ。【体操:10分間の足踏み運動中に読んでたので】読み終わるのに3日かかった。相変わらず面白い漫画を書くなと思った。

2021/10/21

yukaring

MAO(マオ)の第10巻。幽羅子の正体や五色堂での出来事、白眉たちの目的が少しずつ明らかになってきた。それにしても御降家の恐ろしさとおぞましさは最恐。そんな家に集められてしまった皆が不憫でならない。そして今回は百火が色々大活躍。最初はあまり好きではなかった兄弟子たち、百火や華紋たちもだんだんと良い人になってきたし、皆で御降家の呪いを無事に解いてほしいが、そうなってもマオたちは生き続けていられるのだろうか?菜花のためにも是非そうであってほしい。

2021/10/21

毎日が日曜日

★★★

2021/10/18

感想・レビューをもっと見る