読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

お別れホスピタル (1) (BIG SPIRITS COMICS)

お別れホスピタル (1) (BIG SPIRITS COMICS)

お別れホスピタル (1) (BIG SPIRITS COMICS)

作家
沖田×華
出版社
小学館サービス
発売日
2018-08-09
ISBN
9784098600571
amazonで購入する Kindle版を購入する

「お別れホスピタル (1) (BIG SPIRITS COMICS)」のおすすめレビュー

“ごみ捨て場”と呼ばれた終末期病棟で、看護師が見た現実とは?

『お別れホスピタル』(沖田×華/小学館)

 医療に携わる人たちは、誰もが「人の命を救いたい」と考えているだろう。だが、命を救うことができない現場がある。それは、病気や怪我、老衰などが原因で“もう助からない”患者たちが集まる終末期病棟だ。そこで働く人たちは、その患者たちの最期にただ寄り添うことしかできない。

 本稿で紹介する『お別れホスピタル』(沖田×華/小学館)は、“ごみ捨て場”と呼ばれた終末期病棟を舞台に、2年目の看護師がさまざまな人たちの“死”を目撃する衝撃的なマンガだ。作者は、先日NHKでドラマ化もされた『透明なゆりかご』(講談社)の沖田×華(おきた ばっか)さん。産婦人科医院での“生まれてくる命”を描いてきた彼女は、本作では“死にゆく命”のあり方を描く。

 終末期病棟の現場は、過酷の一言に尽きる。まず、患者とコミュニケーションをとることがむずかしい(患者からの暴言、暴力、セクハラは日常茶飯事のようだ)。それに、話しやすい“お気に入り”の患者を見つけたとしても、すぐに亡くなってしまうから余計に虚しさがつのる。目の前で患者が亡くなったときは、その…

2018/10/1

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

お別れホスピタル (1) (BIG SPIRITS COMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまきら

看護師の友人たちの日常は、非日常。自分には全く想像もつかない、壮絶な現場です。にっこりしたくなる話もあれば、胸につまされる話もあり、短いのに心に残る漫画です。こういう現場に比べたらうちのオフィスで起こるミスなんてなあ・・・。

2019/05/10

gen

『透明なゆりかご』は実体験に基づいた作品。 その産婦人科から、終末期病棟へ――。これは、ほぼ取材でしょうね。それにしても、孤独死を迎えた人びとの「生活の跡」を消す「特殊清掃」の仕事を描いた『不浄を拭うひと』も手掛けていますから、その旺盛な創作活動に敬服。まだお若くて、仕事への集中力がある方ゆえに、このようなことが可能なのでしょうが、何より大事な、睡眠時間はしっかり確保できているのか、老婆心ながらちょっと……。さて、本作。ナースが喫煙のシーン。そう……、医療職って喫煙者多いんですよねぇ~。あ、教育者もか。⇒

2020/10/16

まりもん

レンタル。余命宣告された患者相手だから毎回死が絡んだ話。患者と家族の関係がよくわかるなぁ。

2018/11/09

柊子

読みながら亡母に思いを馳せた。 母も亡くなる前の一か月間、お迎えを待つ高齢者ばかりの療養病院に入院した。看護師さんは、いつも温かくきびきびと接してくれて、本当に有難かった。が、亡くなった直後も、あまりにきびきび過ぎて、申し訳ないが、心が冷えた。彼女たちにとって、一人の老女の死など、日常茶飯事だろうが、私にはたった一人の、大切な母の最期。もう少しゆっくり寄り添ってあげたかった。今更言っても、仕方ないけれど。

2020/02/05

うさうさ

終末期病棟で働く看護師と患者の悲喜こもごも。なかなかにヘビーな内容で漫画でなければ読むのが苦しかったと思う。死を待つだけの”ごみ捨て場”と呼ばれているここで働く看護師もキツイ仕事だなと思う。 人生最後がこれでいいのか?と胸が痛むと同時に、親や自分はどうなるんだろうと思う。自殺した患者の話が一番キツかった…

2019/12/29

感想・レビューをもっと見る