読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス)

健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス)

健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス)

作家
柏木ハルコ
出版社
小学館サービス
発売日
2018-08-30
ISBN
9784098600649
amazonで購入する Kindle版を購入する

健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しいたけ

「子どもを守るには、まず親を守らなければ・・・。そんな時もあるわ」。だけど守ること、助けること、ホントにホントにたいへんだ。疲れて帰った栗林ワーカーの部屋の本棚。私も読んで涙した虐待関係の本が並んでいた。勉強が活きるとは限らない仕事。頑張れ、栗林さん。えみるちゃんとともに。

2018/10/05

hiro

えみるが担当した『アルコール依存症編』の次はえみるの同期のケースワーカー栗橋が担当する『子どもの貧困編』。今回も子どもによる盗み、物乞いから始まり、そして育児放棄の疑いと冒頭から衝撃的だったが、祖母・母と二代連続生活保護を受給していた、そして子どもが二人いるシングルマザーの佐野美琴のケース。美琴自身の生い立ちを含めて、子どもの貧困というこのテーマは、今まで以上に重く重く感じるし、社会的援助の必要を感じた。栗橋とえみるの奮闘を期待して続けて『完結編』へ進む。

2020/04/18

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

今回はこどもの貧困。貧困の連鎖は絶ちきれないのだろうかと思ってしまう。実際こんな家庭は沢山あるのでしょうね。このケースがどうなるのか、早く続きが読みたいです。

2019/04/07

よっち

子どもの貧困編。祖母の代から生活保護を受けていて孫である母親も施設育ち。子供は2人いるけど夫は借金を作って行方不明とか、こういう状況から抜け出すのなかなか難しいですね…栗原も対応が難しくてちょっと戸惑い気味ですが頑張ってほしい。

2019/08/11

かいちゃん

貧困の連鎖ですね、こういうのって結構身近にあるような気がします。愛情はあるけどどうしようもないっていうの。

2018/10/22

感想・レビューをもっと見る