読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

健康で文化的な最低限度の生活 (10) (ビッグコミックス)

健康で文化的な最低限度の生活 (10) (ビッグコミックス)

健康で文化的な最低限度の生活 (10) (ビッグコミックス)

作家
柏木ハルコ
出版社
小学館
発売日
2021-03-30
ISBN
9784098608713
amazonで購入する Kindle版を購入する

健康で文化的な最低限度の生活 (10) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hiro

第9集からつづく貧困ビジネス編。いままでの不正受給、扶養照会、アルコール依存症、子どもの貧困編などと比較して、この貧困ビジネス編に登場する“悪党たち”に対して読者としても怒りを感じるが、それをマスクをして怒っている京極係長の表紙があらわしている。最近は小説や漫画でもコロナ禍の現状を描いた作品が多くなったが、ただでさえケースワーカーという仕事はコロナ禍によって大きな影響を受けるのに、義経たち東部福祉事務所のメンバーは、どのように石橋たちに立ち向かっていくのだろうか。秋頃発売予定の第11集を待つことにしよう。

2021/05/03

ネギっ子gen

ドラマ化はしたものの、題材が“生活保護” で題名が堅っ苦しい感じのコレじゃ、早々に連載打ち切りと思っていたら、今回が10巻目で、紙+電子で累計100万部突破。さらに、この「貧困ビジネス編」も評判イイって、嬉しいですね。入庁3年目となる生活保護ケースワーカー・えみる。“住まいの貧困”で行き場を失った人々を食い物にする石橋(とそのバック)との対決がヒートアップしていく中、えみるたちはどう立ち向かうのか! 先行きが見えないコロナ禍の影響で今後、必然的に増加していくであろう“生活保護”の生々しい実態が描かれる。⇒

2021/04/28

パンダプー

ウシジマくん的展開

2021/03/30

たっきー

前巻から続いている、生活保護受給者が貧困ビジネスの食い物にされている話。読んでて暗い気持ちになるけれど、実際にある話だと思う(そしてもっと要領よくやる悪人は、直接的に手を出したり、逃げ出すほどには追い詰めないはず)。貧困ビジネス、不正受給にどう対応するのかはまた次巻へ。コロナ禍で生活が苦しくなっている人の相談の場についても描かれていてタイムリー。

2021/04/03

地下鉄パミュ

表紙からマスク・・・ここまでコロナの影響があるとは。漫画のストーリーにまで影響を及ぼしたコロナ。真摯に向き合っているのは好印象ですので、今後物語にどのような影響をもたらすのか分かりませんが『貧困ビジネス編』期待しか有りません。

2021/07/16

感想・レビューをもっと見る