読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夢の雫、黄金の鳥籠 (12) (フラワーコミックスアルファ)

夢の雫、黄金の鳥籠 (12) (フラワーコミックスアルファ)

夢の雫、黄金の鳥籠 (12) (フラワーコミックスアルファ)

作家
篠原千絵
出版社
小学館サービス
発売日
2018-12-10
ISBN
9784098702480
amazonで購入する Kindle版を購入する

夢の雫、黄金の鳥籠 (12) (フラワーコミックスアルファ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

るぴん

レンタル。確実にスレイマンの血を引く第3皇子セリムを皇帝にしようとするイブラヒム。誰も殺さない、殺させない後宮を目指したいヒュッレム。やはり史実通り溝を深めていくんだろうけれど、かつて愛し合った2人だと思うと、より切ないなぁ。それにセリムは2人の兄に比べると皇帝の器ではないような印象。どうなっていくのか…。

2019/02/20

どあら

皆様のレビューを読んでいて気になりました。確かに絵の仕上がりはあんまりですね。残念…(^^;)

2018/12/27

Kana

なかなか新刊が出ないので楽しみだった。ヒュッレムも将来どうするのか、将来どうしたいのか考えて動かなくてはいけないことあって大変そう。ハディージェの恋の行方も気になる。続きが来年の秋なんて先すぎてかなしい。

2018/12/11

きいろ

プレゼント本。イブラヒムって自分のことばっかり。。ハディージェが唯一 好感持てる人

2019/03/20

流言

『これほどの幸福を返さなくていいの?』別に良いんじゃないかな……。他人のためじゃなく、自分がしたいように生きたほうがあとで自分に対して言い訳をしなくて済むような気がするよ。まして、奴隷として売られてきた不幸を思えばなおのこと。もっとも、イスラム圏では喜捨って考え方があるし、現代とも価値観が違うということもある。結局のところ、自分が納得出来るように生きるというのが大事なことだと思う。しかし、当時のオスマン帝国ってハンガリーを征服してもうちょっとでウィーンにまで到達しているところだったんですねえ。強過ぎるよ。

2019/11/30

感想・レビューをもっと見る