読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

北の人名録 (新潮文庫)

北の人名録 (新潮文庫)

北の人名録 (新潮文庫)

作家
倉本聰
出版社
新潮社
発売日
2008-12-20
ISBN
9784101365510
amazonで購入する

北の人名録 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中)

「仕事も遊びも大自然が相手。そういう日本人はめっきり少なくなった。そういう幸せな男は」実在した「声が太くて体がでかい」途方もない腕白坊主の生涯描いた故・半村良さんの『どさんこ大将』は冒頭の言葉で結ばれている。東京から富良野へ移住された倉本さんのエッセイ刊行は30年以上前。順位さえ競わない手作りイカダで河を下る大会に、俳優・田中邦衛さんは「先生、これは凄いことだね。こんだけの大人がこんだけ夢中にさ、マジに稚気(バカ)やるべく集まるっていうのはさ、先生、富良野って素敵なとこだね」野生の熊が隣人で、濃密な闇と→

2015/07/07

oldman獺祭魚翁

この本は再読です。昔図書館で単行本を借りて読んでいます。宮下さんの「神さまたちの遊ぶ庭」を読んでご近所(といっても結構離れてますが)の富良野の話を読みたくなり古書店で見つけたこの本を読んでみました。著者は名脚本家として知られていますが、エッセイストとしても優れた腕を見せてくれます。倉本氏が移住した富良野、其処に住む愉快な住民との交友録が実に楽しいのです。劇団を作って倉本氏に台本を書かせたり、空知川をお手製筏でくだったり、「北の国から」の出演者一行(田中邦衛や竹下景子)を闇鍋で歓待したり楽しい話ばかりですよ

2018/08/01

fseigojp

北の国から、優しい時間、風のガーデン、倉本総の名作のバックグラウンドがよくわかるエッセイ集

2015/10/09

ブルーベリー

高校の時読みました(*^_^*) こないだ図書館で見つけて借りました。地元が旭川なので思い入れも強いです、80点

2010/08/23

たか。

北の大地には個性的でおおらかで面白い人達がたくさんいる。チャバさんは今どうしているのだろう。気になります。

2010/02/13

感想・レビューをもっと見る