読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

実りを待つ季節 (新潮文庫)

実りを待つ季節 (新潮文庫)

実りを待つ季節 (新潮文庫)

作家
光野桃
出版社
新潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784101401263
amazonで購入する

実りを待つ季節 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

団塊シニア

初読であったが全編なつかしい家族への思いにあふれた作品である、「父の笑い」「つまらない子」「結婚」などは当時の情景、その人の表情、心の機微までも見えるような美しい文章に魅了された。

2018/10/13

Mie Shida

父と母とのそれぞれの関係にフォーカスしているのが面白い。くだもの、猫、ダンス。いつくしみ方がいいなあと思う。結婚のくだりは、これこそ元祖、婚活、という気がして、コンカツに悩む妙齢女性全てに薦めたくなる。

2012/08/26

藤枝梅安

父親との心のすれ違いと父の死を迎える悲しい和解を中心に、彼女自身の成長、家族、友人関係などが、季節感豊に描かれた佳品。私と同年代ということもあり、ところどころに出てくる昭和3、40年代の世情や流行に肯きながら読む。あまりにも美しく、鮮やかに「日常」が描かれており、読んだあと自分の精神がリフレッシュされないのだ・・・。

2009/06/02

ゆう

とある家族の物語。自分が父親になったとき、子供が独り立ちしたとき、読み直してみたい。

2017/02/10

ちっち

市立図書館

2015/08/22

感想・レビューをもっと見る