読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ジュンのための6つの小曲 (新潮文庫nex)

ジュンのための6つの小曲 (新潮文庫nex)

ジュンのための6つの小曲 (新潮文庫nex)

作家
古谷田奈月
出版社
新潮社
発売日
2017-09-28
ISBN
9784101801070
amazonで購入する

ジュンのための6つの小曲 (新潮文庫nex) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あおでん@やさどく管理人

【第19回やさどく】日常の様々なものに音を感じ、それを独自の言葉で表現するジュン。時には突飛な行動もとってしまうが、トクやカン・エリ夫妻の見守り方がいいなと思う。豊かな音楽の世界を感じられる作品は多々あるが、それらとはまた違う、音の表現を見た気がした。

2018/10/13

RIN

目に見えるモノも色も見えない感情も音に変換され不思議な音で表現する中学生のジュン。彼の生きる世界はものすごく不思議で新鮮。天才は見えてる景色が凡人と違うとよく言われるけれど、多分、それ以上に想像の遥か彼方にある景色が見えてるんだろうなと思う。それだけに我等凡人とはコミュニケーションを取ることが難しいのだろうが、きっとトクやカンちゃんみたいな選ばれし心映えの人達だけが共有できる世界なんだろう。障害って何なんでしょうね?そもそも「障害」なんですかね?

2018/11/03

ソラ

そういういわゆる発達障害を持ちながらも音楽に関しては天才的という少年の話なんだけれど、突飛な部分がうまいこと消化できなくてあんまり好きになれなかったというか…。

2019/01/25

kou

発達障害みたいな少年ジュンと、ジュンと行動を共にする少年トク。障害を持つ子が世間的にどう見られているかを俯瞰で眺めながらも、発達障害の子自身に見えてる景色が垣間見えた気がして、この作者何者だ?って思った。音というものがよりプリミティブな鳴り方をしてる景色を色彩的に描く共感覚っぽさもいい。この本に流れている共感覚的でどこか詩的で青くさいとこ大好きかよ。キャラクターとセリフがまた印象的で笑えたり泣けたり忙しかった。この本のように青くさいこと言っていいなら、また一冊、宝物みたいな本みつけた、って言う。

2017/12/08

harukawani

“アホジュン”と呼ばれる少年ジュンは、日常の風景も行動も全てが音になり音楽になる、音楽家だ。そんな彼がある日、同級生のトクと彼が持つギター”エイプリル”に出会い、自覚する。自分は”楽器”だ、とーー。豊かな表現から音楽が溢れてくる。なにもかもを音と捉えるジュンの感性と同じく、音を抽象ではなく具体化して表現する作者の感性が瑞々しい。各章の書き出しの鮮やかさ、各章の終わりの余韻、全ての登場人物への光の当て方と生まれる影……。何度か頭が真っ白になるほどの感動を覚えたが、その頭にも音楽がなだれ込む、そんな小説。

2017/11/23

感想・レビューをもっと見る