読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マリー・アントワネットの日記 Bleu (新潮文庫nex)

マリー・アントワネットの日記 Bleu (新潮文庫nex)

マリー・アントワネットの日記 Bleu (新潮文庫nex)

作家
吉川トリコ
出版社
新潮社
発売日
2018-07-28
ISBN
9784101801315
amazonで購入する Kindle版を購入する

マリー・アントワネットの日記 Bleu (新潮文庫nex) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミュポトワ@猫mode

マリトワ日記の後編です。この本はかなり面白かった。特に後半。最後なんて秀逸すぎる!こういう本大好き!最後は誇りを持って前のめりでいきたいですね♪この本、最初、結構きついなって思ってましたが、こりゃあれだわw「同属嫌悪」w今になっては私も吹っ切れましたよwちゃらんぽらんで何が悪い!周り敵だらけだけどだからなんだ!ケケケって笑って生き抜いてやるわ!あと大衆に関する考え方も面白いですね。確かにと思いましたけど、でも大衆って扇動しやすいよ?あ、ルソーを読もうと思います♪それとHNを由来のものに変更しちゃいましたw

2018/10/22

みどり虫

んもぉ〜っ、トワネットちゃん最高(´༎ຶོρ༎ຶོ`)Roseで大好きになっちゃったトワネットちゃんが王妃になってからのBleu。トワネットちゃんの最期は知っているから、その場面が近づくにつれトワネットちゃんの弾けるような言葉も少なくなっていって胸を痛めていたら…。トワネットちゃんは最期までかわいくてステキな女性でーしたっ♡私達世代の多くが『ベルサイユのばら』でこの時代のフランスや歴史に興味を持ったように、この本からも歴史好きさんが生まれるかも。そうであったらいいのに、って思うような本でした。オススメ!

2018/09/19

milk tea

ついに読み終えてしまった…。悲しいとかそれだけじゃない力強さがあった。ルイ16世の戴冠式、ルイ16世の処刑前の家族との顔合わせ、気持ちを察すると胸の奥が痛くなります。フランスが変わったし、女性の地位も上がった。トワネットがその道を作ってくれたのかもしれない。この本は何度でも読み返したくなると思う。トワネットのことは、みんな忘れないよ〜。

2018/10/31

ででんでん

マリア・アントニア・ヨーゼファ・ヨハンナ‼最初から最後までかっこよかった。例えば宇喜多直家の娘たち、16歳で嫁いだ和宮さん、そして女性だけではなく、ルイ16世だってそうだ。まだ子どもと言える年齢で、自分で選べるはずもないエレベーターに乗せられ、前に、上に、進んでいくしかない日々。女王になる人は限られているが、自分で選べない人生は昔から星の数ほどあっただろう。彼ら彼女らが、みずみずしい感情を持っていなかったはずはない。そう思わせてくれるトリコさんの手腕がすごい⤴大好きな大切な作品。読めてよかった…ありがとう

2019/11/14

あかは

私は彼女のことを何も知らなかった。史実に基づいたフィクションであるとしても、最期の彼女もルイ16 世も立派だった。すごく見る目が変わった。参考文献がたくさん載っていたので、他の本も読んでみたい。 この本を読んで本当によかった。

2019/01/04

感想・レビューをもっと見る