読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

さよならの言い方なんて知らない。5 (新潮文庫)

さよならの言い方なんて知らない。5 (新潮文庫)

さよならの言い方なんて知らない。5 (新潮文庫)

作家
河野裕
出版社
新潮社
発売日
2021-02-27
ISBN
9784101802121
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

さよならの言い方なんて知らない。5 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

現実世界で死んだはずだったトーマとのありえない再会はなぜ叶ったのか。架見崎という街の常識は崩れ、たった一つの真実が明かされる第五弾。各チーム入り乱れての戦いに時折垣間見える愛憎劇。架見崎から消えたトーマと、香屋に明らかにされてゆくこの世界の真実。トーマの思惑が読めない中で、パンが急速に存在感を増してきていると感じていましたが、ここに来て思っていた以上にエグい構図が一気に明らかになりましたね。最後に起きた出来事は新たな布石として大きな鍵を握りそうで、ここから新展開がどうなるのか現時点では予測が難しいですね。

2021/03/30

ツバサ

遂に明かされる冬間美咲についての秘密。架見崎という街が作られた意味。なんて残酷な物語なんだと思いましたが、香屋が諦めずに前に進もうと決意を表明するおかげで沈みそうな気持ちが救われました。状況はシビアだが、まだ終わってない。これからどうなる?

2021/02/28

まるぼろ

架見崎を始めとする様々な謎が明かされる巻。平穏な国を離れたウォーターが新たなチーム「世界平和創造部」を作ってすぐに姿を消す中、PORTではユーリイによる内紛が始まり…というお話です。河野先生の作品なので今作でも魔女がガッツリ絡んでいるのではと想像していたので、それとは真逆と言える世界と架見崎と香屋達のあり方に驚きました。そんな架見崎の存続が危うくなっている中で現状後手を踏んでしまっている香屋がどう巻き返しの一手を打てるのか気になりつつも次巻の展開が楽しみです。

2021/04/10

ソラ

シリーズの大きな転換点。 前提が大きく覆され、次巻からどう展開されるか楽しみ。

2021/03/14

架見崎というものについてある程度想像できていたけど、登場人物のバックボーンについてとんでもない設定が今回明らかにされる。この設定が今後どのように使われるのか気になるところ。

2021/04/05

感想・レビューをもっと見る