読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

飛ぶ教室 (新潮文庫)

飛ぶ教室 (新潮文庫)

飛ぶ教室 (新潮文庫)

作家
エーリヒ・ケストナー
Erich K¨astner
池内紀
出版社
新潮社
発売日
2014-11-28
ISBN
9784102186411
amazonで購入する

飛ぶ教室 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちなぽむ

もうすぐクリスマス。寄宿学校の生徒たちは久しぶりに会える両親を思い幸せに浮き足立つ。 イヤな上級生や実業学校生との対決、劇の練習に大好きな禁煙さんと道理さん。少年たちの世界は日々波乱万丈。彼らはそれぞれ悩み考え、答えを導きだす。 甘ったるいケーキのようでなく、深い悲しみと不幸のある子ども時代があったからこそ優しくもできる。自分の中のひそやかな悲しみをいつまでも忘れずに、悲しんでいる人にそっと手を差し出すことのできる大人になりたい。少年たちの勇気と優しさに微笑んで、少し泣いて、あたたかなクリスマスを想う。

2018/12/14

ケイ

優しい人は、さりげないのだと思う。自分の芯をしっかりと持っている人なのだと思う。ツラさや過酷さを、ユーモアをかぶせて乗り越える強さがある人だと思う。【エーリヒ・ケストナー】この作家のことだ。クリスマスに何を読もうかとの呟きに、すかさずこれをすすめてくれた読友さんに感謝。どの行にも、暖かさと思いやり、子供を見守る優しい視線が詰まっている。これを書くには、人の何倍もの心の度量が必要だ。なんて人だろう…。解説も、素晴らしかった。さらに本文を噛みしめることができた。クリスマスの意味を改めて考えた読書。

2016/12/24

みどり虫📖ƪ (˙Θ˙ )

子供の頃に大好きだった本を大人になってから少しずつ集めた。これもその一冊で、手に入れはしたものの、今回数十年ぶりの再読。子供の頃は見知らぬ海外の寄宿舎生活を思い浮かべて、彼らに憧れと友情を感じていたんだろうか。道理さんや禁煙さんのような大人に出会いたいと願ってもいたんだろうか。今読むと、少年たちの誰もが愛おしく、道理さんのような大人でありたいと願う私がいる。今回クリスマス本として登録した読み友さんに便乗させてもらって再読できたことがとても幸せ。どうもありがとう♡大切な読み友さん達、Merry Xmas🎄

2019/12/25

あも

掛け値なしの名作。ドイツの寄宿舎の少年たち。喧嘩して成長して、それを見守る素敵な素敵な大人がいる。どうしたって大人の目線になってしまうから、子供の時と今とで読み比べられなかったのが悔しい。でも、充分に価値のある1冊。懐かしくて優しくて、力強い。頬が赤くなるほど寒かったあの日さえ思い返せば心を優しく温める。そんな物語。沢山の素敵な言葉達を、あえてメモはしない。再読するから。でもやっぱり一つだけ。『泣くのは厳禁』強がりを含んだ小さな勇気。それは強がりだからこそ尊い。ほんとは泣いたっていいんだけど。それでもね。

2018/12/31

s-kozy

何度目の再読なんだろう?やっぱり名作だなぁ、素晴らしい。寄宿制のギムナジウムを舞台に描かれる「僕たちの大切な日々」。友達といれば無敵だし、でも友達には「意気地なし」とは思われたくない、世間から離れても本当は魅力的な大人がいる(僕もそうありたい)、だけどやっぱりママとパパには会いたいんだ。これほどまで見事に大人になる直前の男子の心の動きを表した小説は他にないのではないでしょうか。児童書に分類されるでしょうが、十分大人の鑑賞にも耐えうる作品。改めて言いましょう、名作です。

2017/07/10

感想・レビューをもっと見る