読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

憂行日記

憂行日記

憂行日記

作家
北杜夫
斎藤 国夫
出版社
新潮社
発売日
2021-10-20
ISBN
9784103062394
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

憂行日記 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

K.H.

『どくとるマンボウ青春記』の読者であれば題名を見ただけでピンと来る、北杜夫の旧制松本高校時代の日記。編者も書いているが、意外なことに『青春記』に採用されているエピソードはあまり多くはない。強烈な印象を残すパトス氏やヒルさん、あるいは辻邦夫のことなどには、ほとんど触れられていなかった。敗戦、虫のこと、父茂吉風の短歌、登山、そして最後の詩作、と関心や叙述の移り変わりは見られるが、基本的には青春の悩み、特に怠惰な自分への苛立ちが多かったという印象。父の疎開先山形で過ごした夏の描写がいちばん好きかな。

2022/04/18

古本虫がさまよう

昭和20年6月から昭和22年12月までの日記。敗戦直前から始まる。8月15日の日記は……。「永久に忘れ得ない悲壮なる日だった」との書き出しで始まる。「この日の気持ちを忘れない限り、永久にファイトを出して頑張らねばならぬ。嗚呼、昭和十六年十二月八日以来の、真の純なる涙をしぼりにしぼったこの日、この涙を勝利の二字の前にこぼしたかった」当時18歳。そういう思いを持つ少年も多かったことでしょうな。後年は「詩」のような日記になっていくが……。

2021/11/07

ちゅう

戦時中に青年だった作者の日記。この当時には、こういう青年は、当たり前にいたのか、それともやはり珍しかったのか…。後半は詩になる。先が気になるとか、笑えるとか、楽しいとか、そういう日記ではない。

2021/12/05

tama

図書館本 新刊案内で 私は最初が北ファンだった。こういう内容とは手に取るまで分からなかった。しかし、辻さんとの出会いが書かれてないし(S20.6月?)その後も見当たらない。ほぼ昆虫記(私の最初の北杜夫)、青春記の世界だが辻邦生が出てこない。実はその程度の付き合いだった!?としたらショック。長文書ける才能が既にあった様子。本当は博物学とか昆虫学の方が良かったのでは。読む力もあったけど、高校生バンカラ気質による独りよがりが多いかな。「女は男に対して初めから何か劣っているようだ」一体何があったのやら。

2021/12/23

ihatov1001

どくとるマンボウこと小説家北杜夫氏の若き頃の日記です。終戦直前の昭和20年6月ごろから旧制高校卒業間近の22年12月ごろまでが綴られています。エッセイ「どくとるマンボウ青春期」にて、日記を読み返した40代の著者があまりの青臭さい内容に耐えきれず、燃やしてしまったという曰く付きの日記です。やはり残っていたのですね。半世紀以上たって日の目を見るというのはファンにはうれしいことですが、泉下のマンボウ先生は恥ずかしさのあまり顔を真っ赤にされているかもしれません。

2022/03/02

感想・レビューをもっと見る