読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

旅のつばくろ

旅のつばくろ

旅のつばくろ

作家
沢木耕太郎
出版社
新潮社
発売日
2020-04-22
ISBN
9784103275213
amazonで購入する Kindle版を購入する

「旅のつばくろ」の関連記事

沢木耕太郎が愛する、片道3時間半もの「東京への旅」/『旅のつばくろ』④

不朽の名作『深夜特急(新潮文庫)』(新潮社)が旅のバイブルと称される、作家・沢木耕太郎氏。JR東日本の新幹線車内誌「トランヴェール」で好評連載していた「国内旅エッセイ」が『旅のつばくろ』(新潮社)として単行本化。その中から全4回で極上のエッセイを連載します。

『旅のつばくろ』(沢木耕太郎/新潮社)

*   *   *

近くても遠いところ

 私が東京の小学生だった昭和三十年代、家族旅行はあまり一般的なものではなかったように思う。家族そろっての行楽という習慣がなかったということもあるが、どんな家も経済的にさほどの余裕がなかったのだ。  だから、学校で行楽地に行くことのできる遠足は子供たちにとって大きなイベントだった。何円までという制約の中で、おやつにどの菓子を買って持っていくか。母親の作ってくれる弁当が何なのか。前日から多くの楽しみと期待に満ちていた。  そのようにして、私も東京近郊のさまざまな観光地に行ったものだった。  高尾山、江の島、鎌倉の大仏、鋸山(のこぎりやま)……。  しかし、不思議なことに、そうした観光地は成人してからほとんど行くことのないとこ…

2020/5/6

全文を読む

沢木耕太郎が旅先で前代未聞の行動? その理由は「宮沢賢治」/『旅のつばくろ』③

不朽の名作『深夜特急(新潮文庫)』(新潮社)が旅のバイブルと称される、作家・沢木耕太郎氏。JR東日本の新幹線車内誌「トランヴェール」で好評連載していた「国内旅エッセイ」が『旅のつばくろ』(新潮社)として単行本化。その中から全4回で極上のエッセイを連載します。

『旅のつばくろ』(沢木耕太郎/新潮社)

*   *   *

贅沢の効用

 そのとき、私にはとても珍しいことだったが、岩手の花巻でタクシーに乗っていた。  タクシーに乗るのがどうして珍しいことなのか?    私は浪費家でもないが、吝嗇家(りんしょくか)、すなわちケチというのでもないと思う。財布というものを持ったことのない私は、あればあるだけの金をポケットに突っ込み、ほとんど無造作に使い切ってしまう。要するに金の使い方に関してはかなり無頓着な方なのだ。  しかし、タクシーに使う金に関してだけは別である。臆病、と言ってもいい。  もっとも、つい最近まで、銀座や新宿の酒場で夜遅くまで飲み、家にタクシーで帰るなどということを日常的に続けていたが、そのときのタクシー代をもったいないと思ったことはない。…

2020/5/5

全文を読む

関連記事をもっと見る

旅のつばくろ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

沢木 耕太郎は、永年に渡って新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、JR東日本の新幹線車内誌「トランヴェール」に連載されていた旅のエッセイです。何作かはリアルタイムで新幹線の中で読んでいます。改めて纏めて読むと旅情をそそられます。著者程ではないですが、若い頃は旅と言うと海外ばかり行っていました。これからは著者同様国内に目を向けて、まずは47都道府県制覇(現状40都道府県)をしたいと思います。 https://www.shinchosha.co.jp/tsubakuro/

2020/10/05

fwhd8325

やっぱり、沢木さんはエッセイがいいなと思いました。ある時期、小説を書くようになり、どうもエッセイやルポとは違うものを感じて、作品から離れていましたが、やっぱり、エッセイはいいな。それも旅の話なら、間違いない。時に社会に警告を発し、過去の自分に語りかける。どれも心地よい世界を与えてくれるようです。

2020/11/22

R

旅にまつわるエッセー集というか、沢木さんの思い出語りともいえる一冊だった。若い頃の旅の風景や心情を気取らない文章で記したものが多くて、読みやすいし心地よい。有名観光地にあまり縁がなかったといいつつも、そこに足を向けたときの楽しみ方、かなりの文学青年であった頃の思いとともに歩む道行きが面白く読めた。気負いと気取りがないので、読んで清清しいのがとてもよいと思えた一冊だった。

2021/04/27

chantal(シャンタール)

今日の長い移動時間に、面白くてどんどん読んでしまった。沢木さんの作品はかの有名な「深夜特急」はもちろん、これまで読んだことがなかった。あれだけ世界中を旅してる人なのに、初読みが日本国内の旅エッセイとは😅JR車内誌の連載用のエッセイなので、一つ一つは短いのだけれど、どのエッセイも沢木さんの旅への愛情が感じられ、心温まるものばかり。16歳の東北旅行、太宰治の話、軽井沢での話、旅性善説・・「旅って良いなあ、旅に出たいなあ」と思わせる素晴らしいエッセイだった。沢木さん撮影の写真がまた素朴で良かった😊

2021/06/23

あすなろ

旅における性善説信者。そんな一文を沢木氏はラストのエッセイでお書きになっている。僕もそうだな、と。それは出張・プライベートに関わらず。旅はいい。そしてこんな形に豊かにその様々を感じ取られ、書き起こす事が自分に出来たなら、そう思わせる沢木氏の東日本旅行エッセイ本。温泉は地の精が宿った魔法の水、だとか、そんな表現浮かびませんよね。薄いエッセイ集ですが深く感じ入った良き一冊。旅好きの方に是非!なお、JR東日本発行の車内誌連載のエッセイであり、東北新幹線に乗ると時折読んでおり、元々惹かれていた沢木氏エッセイ。

2021/07/18

感想・レビューをもっと見る