読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

出版禁止 いやしの村滞在記

出版禁止 いやしの村滞在記

出版禁止 いやしの村滞在記

作家
長江俊和
出版社
新潮社
発売日
2021-08-31
ISBN
9784103361749
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

出版禁止 いやしの村滞在記 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ごみごみ

百年に一度の「呪いの儀式」人は本当に呪術によって恨みを晴らし、願いを叶えることができるのか。「いやしの村」その実態とは?・・ところどころに違和感はあった。でも気づけなかった。最終章を読みながら、なぜ繰り返し?くらいにしか思わなかった。2回読むとびっくり、そしてスッキリする。冒頭の詩の意味さえ、全く違ってくる!そう、これが出版禁止だった。まだまだ発見がありそう。やっぱりネタバレサイトへ行ってみるかな。

2021/10/01

なっち

あぁ…すっきりしない。理解力が追い付かない…気になる描写、しかけがたくさんあったのはわかった。でもそれを丁寧に全て咀嚼できてないばかりにモヤモヤがすごい。ネタバレサイトものぞいたけど、もっとスッキリとしたい。やはりこのシリーズは何度も読み返す必要がある。

2021/10/15

きたさん

いろんなところに気をつけて読んでいたはずなのに、突然目の前が真っ暗になり、気がついたら体をぐるりと一回転させられ、その場に置き去りにされてしまったような、そんな読後の印象です。流し読みではなくしっかりと、最低2回読む必要があるので、時間のあるときに読むのをオススメします。

2021/09/05

tomomo

図書館本 ⁡ ⁡ 最初の詩から騙されてた…⁡ 物語はあれ??って描き方から始まってラストでスタートへ⁡ ⁡ 読んだ後、考察サイトにも駆け込んでしまったけど、これ、2回読み直したくらいじゃ謎は溶けそうにないーー💦⁡ 長江さんめっちゃ凄い!!天才!? ⁡ この物語の世界、怖いと思うけどこれはもぅ物語として純粋に楽しめた👏⁡ この作品は返却する前にもぅ1度読みたい!…いや、読まなきゃ後悔しそう💭⁡

2021/10/15

たおちゃん

読んだー!冒頭の「読んだら精神に異常をきたす可能性があるよ」みたいなのは余計というか、それハードル上がりすぎんか?!笑 ドグラマグラじゃないんだから!でも仕掛けにもしっかり騙されたし面白かった〜〜!!!異端の祝祭が和製ミッドサマーって評されてたけどこっちのがよっぽど和製ミッドサマーな気がする、カルト感はそう強くないが

2021/10/05

感想・レビューをもっと見る