読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神よ憐れみたまえ

神よ憐れみたまえ

神よ憐れみたまえ

作家
小池真理子
出版社
新潮社
発売日
2021-06-24
ISBN
9784104098101
amazonで購入する Kindle版を購入する

神よ憐れみたまえ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

小池 真理子は、新作を数十年に渡ってコンスタントに読んでいる作家です。本書は、数奇な運命の女性の大河ミステリドラマ、見事でした。君島 十和子(30代~現在)、蘭世惠翔(高校生~20代)、母娘キャストで是非映像化して欲しいと思います。 https://www.shinchosha.co.jp/book/409810/

2021/07/27

いつでも母さん

女の一生を見たような感じ。読んだのではなく感じたのだ。沢山の『死』と、別離があった。その都度、百々子は再生するのだ。悲しくない訳じゃない。辛くて寂しい。驚愕の裏切りもあった。けれど、それがどうした。百々子は百々子の人生を生きているのだ。それを幸せと言うのだ。小池真理子らしい表現で様々な『愛』を紡いだ本作。二日がかりでじっくり堪能した。百々子は好きになれない私だが、彼女の人生にたづがいて良かったとしみじみ思った。

2021/07/12

とん大西

生きるということは喪失の繰り返しなのかもしれません。裕福な家庭と愛情深い両親。無惨な殺害事件で運命の変転を余儀なくされた百々子、12歳。少女の頃も大人になっても拭いきれない孤独と憂い。それでも強く逞しく麗しく。明日に流されず受容し、抗わずともはねのける。感情の置き所を迷ってしまうようなザワつく読み心地ながら物語の着地点が気になって頁を捲る手がとまらない。「ただ生きてきただけ」…。数奇な人生と呼ぶのかもしれない。歪な感情に翻弄されたのかもしれない。幸とか不幸とかの向こう側、凛とふるまい続けた女の一生でした。

2021/09/05

まちゃ

小池真理子さんが最愛の人を亡くした悲しみを乗り越えて描いた大作。昭和38年11月、三井三池炭鉱の爆発事故と国鉄の鶴見事故が発生したのと同じ日に両親を惨殺された12歳の黒沢百々子。数奇な運命に翻弄されながらも、人生を生き抜いた一人の女性の物語。早い段階で殺人事件の真相には気付くのでミステリー要素は少なめ。百々子の歩んだ人生を描く重厚な一代記って感じでした。質と量ともに読み応えあり。

2021/09/13

のぶ

冒頭で主人公の黒沢百々子は、昭和38年11月に12歳で、何者かに両親を惨殺されるところから物語は始まる。しかし本作は、その犯人探しをするようなミステリー小説ではない。何不自由のない家庭に生まれ育ち、母ゆずりの美貌で音楽家をめざしていたが、事件が百々子のその先の人生に大きな影を落としていたのは確かだった。事件後、百々子は親戚に引き取られ、育てられることになる。ただ、百々子の性格があまり素直でなく、本人に感情移入する事は出来なかった。一人の女性が六十歳を過ぎるまでの波乱の人生を描いた一代記としては心に響いた。

2021/07/13

感想・レビューをもっと見る