読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

若冲ワンダフルワールド (とんぼの本)

若冲ワンダフルワールド (とんぼの本)

若冲ワンダフルワールド (とんぼの本)

作家
辻惟雄
小林 忠
狩野博幸
太田 彩
池澤 一郎
岡田 秀之
出版社
新潮社
発売日
2016-03-28
ISBN
9784106022654
amazonで購入する

若冲ワンダフルワールド (とんぼの本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヒデミン@もも

若冲の本たくさん出版されてるが、とんぼの本はサイズが小ぢんまりとしているのに、わかりやすくて好み。若冲といえば、やはりこの像。いつみても可愛い。

2016/07/14

ぷれば

先日閉幕した「若冲生誕300年記念展」(2016東京都美術館)は1ヶ月ほどの会期で44万6000人という盛況ぶり。ほぼ若冲に魅了され、熱狂したといえる。ホンモノ見たいが、そうもいかず(笑)、本書にて若冲鑑賞。『動植綵絵』30幅はじめ、著色画、水墨画、版画の名品が一挙紹介されている。また若冲ゆかりの京都・石峰寺秘蔵の水墨画作品が初公開、詳細な年譜や人脈図など、まさしく若冲ワンダフルワールド本。

2016/05/29

椿

あんまり若冲のこと知らなかったんだけど、最近話題なので手に取ってみたよ。あまりにも細かすぎ鮮やかすぎで驚き。美しくて、色っぽいなぁ。

2016/06/18

しーふぉ

動植彩絵の図版と解説だけ眺めていてもいい。江戸時代にこんなに細密に描き色彩鮮やかで、そしてどこか抜けている可愛らしさがある絵があるなんて!!

2017/10/22

つくえくん

若沖はブームにとどまらず、もはや社会現象なのだそうだ。傑出した才能はモーツァルトを思わせる。いまだ、彼を本当に理解し評価できる人間はいないのではないか。解説は最低限プラスアルファ。入門用としてはいい本。

2016/05/25

感想・レビューをもっと見る