読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

血と笑いとエロスの絵師 岩佐又兵衛 (とんぼの本)

血と笑いとエロスの絵師 岩佐又兵衛 (とんぼの本)

血と笑いとエロスの絵師 岩佐又兵衛 (とんぼの本)

作家
辻惟雄
山下 裕二
出版社
新潮社
発売日
2019-01-31
ISBN
9784106022876
amazonで購入する

血と笑いとエロスの絵師 岩佐又兵衛 (とんぼの本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

takakomama

「奇想の系譜展」の復習。「芸術新潮」2004年10月号特集を増補・再編集。その後の経緯も書いてあります。図版が綺麗です。

2019/03/12

ふくねこ

やっぱり「山中常磐物語絵巻」が一番印象に残る。「奇想の系譜展」を見に行きたいのだが、地方都市在住のためなかなか難しい。実際に行けなくても、オールカラーですぐ近くで思う存分眺められるのは本ならでは、と自分をなぐさめる。研究の変移もきちんと取り上げられていて、読みごたえがあった。確かに髪の毛のうねりは独特で、粘着質の人だったのかなと思わせられた。

2019/03/08

感想・レビューをもっと見る