読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

青豆とうふ (中公文庫 わ 25-3)

青豆とうふ (中公文庫 わ 25-3)

青豆とうふ (中公文庫 わ 25-3)

作家
和田誠
安西水丸
出版社
中央公論新社
発売日
2021-05-21
ISBN
9784122070622
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

青豆とうふ (中公文庫 わ 25-3) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

和田誠さんの絵を見ると、センスの良さにシビレる。安西水丸さんの絵を見ると、わたしでも描けそうだなと希望が湧いてくる(笑 イラストレーターのお二人ですが文章も軽やかで、サックと読めて楽しい1冊。リレー形式のエッセイです。お二人とも既に鬼籍にはいられているのが残念……

2021/05/31

まこみや

「安西水丸さんや和田誠さんともなると、出逢うエピソードがハンパないね」と僕が言うと、「ハンパないエピソードが語れるから著名作家なんだよ」と妻が言った。

2021/06/12

Mingus

私にとって憧れの二人、和田誠さんと安西水丸さんの共著、互いに書いた文章にイラストを載せて、エッセイは前回のお題を踏まえて語っていくという、冷静に考えれば無理難題のめちゃくちゃすごいことを、まさしくおつまみの青豆とうふをさらりと食べるように、さりげなく、飾りもなく、ユーモアも交え、やってのけてしまう。イラストの心地良さは言うまでもないが、彼らの文章ですら、鮮やかな情景を描き出していて、私はけっこう二人の修行時代?的な若かりし話が好きでした。イラストも文章でも彼らの創るスノードームのような世界に浸れる作品。

2021/07/11

はるちゃん

和田さんも安西さんも好きでした。村上春樹氏の言うとおり、いい時代だったのでしょう。もうすこしゆっくりして行って欲しかったが。

2021/07/19

mami.h

安西水丸、和田誠、村上春樹。この3人が生きた時代や愛したもの、空気感や創り出すものがとても好きだ。村上春樹はいつまで生きてくれるんだろうってよく思う。来月行く予定の安西水丸展も楽しみ。

2021/06/25

感想・レビューをもっと見る