読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本SF傑作選6 半村良 わがふるさとは黄泉の国/戦国自衛隊 (ハヤカワ文庫JA)

日本SF傑作選6 半村良 わがふるさとは黄泉の国/戦国自衛隊 (ハヤカワ文庫JA)

日本SF傑作選6 半村良 わがふるさとは黄泉の国/戦国自衛隊 (ハヤカワ文庫JA)

作家
半村良
日下三蔵
出版社
早川書房
発売日
2018-06-05
ISBN
9784150313326
amazonで購入する

日本SF傑作選6 半村良 わがふるさとは黄泉の国/戦国自衛隊 (ハヤカワ文庫JA) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

『日本SF傑作選』第1期の最後を飾るのは半村良。デビュー作から、タイムトラベルSFの傑作「およね平吉時穴道行」、怪異譚の名作でホラーのアンソロジーには必ずと言っていいほど選ばれる「箪笥」、二度の映画化で半村の代表作とも言える「戦国自衛隊」など、読みどころ満載の充実したラインナップだ。デビュー作「収穫」が侵略SFだったとは意外だが、第2回ハヤカワSFコンテストに応募された本作は、小松左京「お茶漬けの味」とともに第三席に入選した。(つづく)

2018/06/22

ぜんこう

このシリーズ読了、相変わらず太くて重い。半村良さんはアンソロジーでしか読んだことなく、映画『戦国自衛隊』をTVで見ても読んでみようと思いませんでした。でも『戦国自衛隊』、小説のほうが面白いやん。『収穫』の東京の様子はなんか広瀬正さんの『ティス』のようなイメージで好きです。それに『赤い酒場を訪れたまえ』とか『わがふるさとは黄泉の国』なんかの世界観もいい。他も面白かったなぁ。なかなかいい読書で今年を締めくくれました。

2018/12/31

みっちゃんondrums

ほとんど再読だが、新鮮な気持ちで読み進めた。面白い。昭和の匂いがぷんぷんする半村良氏の伝奇SF小説は良い! 時代小説で直木賞を獲っているだけあって、分かりやすくてサクサク読める。SFとしての発想は凄いが、それだからって難しいところのないのが、氏の作品の良さだね。人間らしい人間が描けているし。付録の『私のネタ本、秘蔵本』は初読みだったが、、、騙された!そういう遊び心もある、スマートな作家さんだったのね。

2020/07/15

イツキ

SFと伝奇ものが見事に融合したような印象を受ける作品が多いです。民話がテーマだったり昔の日本と現代の日本が交錯するなど日本の歴史を感じさせる物語が多いのも印象的、多数の民話から地球外生命体の存在を示唆する「庄ノ内民話考」、戦国時代に自衛隊がタイムスリップしその時代で戦っていく「戦国自衛隊」が特に面白かったです。段ボール箱の一生が描かれた「ボール箱」はなんとも異彩を放っていて妙に頭に残りました。

2018/06/12

てら

『石の血脈』『産霊山秘録』『岬一郎の抵抗』を以前に読み、その後『雨やどり』『亜空間要塞』『葛飾物語』などを読んではいたが、この初期短編集であらためて半村良の「多彩さ」を知った。大量のバリエーションを持ち、しかも才に溺れず本質を忘れない一徹ぶりは驚異。御三家にも負けない大作家だったと再確認する。日本SFに栄光あれ。

2018/06/13

感想・レビューをもっと見る