読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

カウンター・ポイント (ハヤカワ・ミステリ文庫)

カウンター・ポイント (ハヤカワ・ミステリ文庫)

カウンター・ポイント (ハヤカワ・ミステリ文庫)

作家
サラ・パレツキー
山本やよい
出版社
早川書房
発売日
2016-12-20
ISBN
9784150753764
amazonで購入する Kindle版を購入する

カウンター・ポイント (ハヤカワ・ミステリ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みみずく

今年最後にヴィクに会えて嬉しい。今作はヴィクの生まれ育った地域サウスサイドが舞台。ヴィクがそこから抜け出るために叱咤激励していた母ガブリエラのお陰で今のヴィクがあるのよね…と正反対の母親が登場して思った。故郷から出ていくということが「裏切り者」と言われてしまう場所の怨念のような強い磁力が、今回ヴィクが関わった事件で絶えずつきまとう。肉体的危険も相変わらず多くて、いくらなんでも無茶しすぎではないか…とロティの気持ちに共感。でもやはり事件の終わらせ方がかっこよくてさすがヴィク!と読み終えた。

2016/12/29

kyoko

ヴィクの冒険物語。今回も古い親戚がわらわら出てきてヴィクは戦わざるを得ない状態に陥っていく。年は取ったけど今回もタフなヴィクが堪能できてよかった。IT関係もかなり上達してきて、初期の頃とは捜査方法も変わってきたなーというのが実感。法律すれすれというか、違法捜査は相変わらず、減らず口も相変わらずで、お見事でした。

2017/01/07

のざきち

パレツキー初読。V.I.ウォーショースキーシリーズ17作目。舞台はヴィクが生まれ育った街、シカゴ。昔の彼氏から25年前の事件...彼の母親が妹を殺害した事件...の再捜査を依頼されたヴィク。やがてウォーショースキー家が絡む過去の因縁や街に蔓延る巨悪の存在が明らかになっていく...とにかく熱いヴィク。危険を恐れずひたすら突っ込んでいく姿が印象的。物語も中盤あたりからスピード感を増し、一気に読破できました。できればシリーズ物ゆえに、1作目から順に読んでいた方がより面白かったのかもしれませんね。

2020/05/30

Masa

読了。相変わらず、というかホント回を増すごとに面白くなってくる! みんな歳のとりかたが美しい。ジェイクは男だったなぁ。ミスタ・コントレーラスもコンラッドもボビーもフリーマンも、他にも昔からのV・Iの仲間が適度に登場してお祭りみたいだった。しかし今回は危なかったぞV・I! 翻訳されてる長編はあと一作? 今年は彼女で締め括りたいな。

2020/11/21

niaruni

親に肯定されて育った子は強い! なんだか読んでいて胸が苦しくなったよ…

2017/01/26

感想・レビューをもっと見る