読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

1977リッパー (ハヤカワ・ミステリ文庫)

1977リッパー (ハヤカワ・ミステリ文庫)

1977リッパー (ハヤカワ・ミステリ文庫)

作家
デイヴィッド・ピース
David Peace
酒井 武志
出版社
早川書房
発売日
2001-09
ISBN
9784151726521
amazonで購入する

1977リッパー (ハヤカワ・ミステリ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

『1974ジョーカー』に続くシリーズ第2弾。本編では'70年代に相次いでヨークシャーに出没したリッパー(切り裂き魔)と、それを追う警察当局との攻防を描く。このように書くと、あたかも典型的な警察小説のようであるが、内実はこれまでの類書とは大きくその趣を異にする。地取りや聞き込み(行われないわけではないのだが)といった地道な、捜査によって犯人を追い詰めていくといった手法は全く取られない。むしろ極めて行き当たりばったりのように見えるし、警官たちは暴力的で、まるでマフィアのようにさえ映る。リーズがこんな街なのだ⇒

2018/08/24

ケイ

1974を読んでいるのが必須条件だと思う。どうしてエディを助けなかったのかと思った2人が、今作では受難の回。ヨークシャー四部作ということがよくわかった。これでは何も解決しないのだ。1980、1984と読み進めるしかあるまい。しかし、秀作ながらもエルロイの対抗馬ではないと思った、LA4四部作を読んだ時には、最後のページで毎回とてつもなく切ない気持ちにさせられたが、ピースはそれには成功していない。続編を待つしかない結末だ。

2016/08/07

セウテス

ヨークシャー四部作第2弾。70年代のヨークシャーには、連続殺人を繰り返した切り裂き魔リッパーが暗躍し、住民たちを恐怖のどん底に落としていた。警察は住民を守り、リッパー逮捕への物語かと思いきや、切り裂き魔の恐怖を描きながらも、警察の権力暴走と不正をメインに捉えた作品であろう。前作でも感じたのだが、悪意や恐怖そこから派生する暴力や殺人を、過激なまでに描写している特徴がある。しかし、そこから生まれる哀しみや切なさが、本来もっと在るべきではないのかと感じてしまう。やはり私には、善と悪がハッキリした方が好みの様だ。

2018/10/11

風ごん

先にスターチャンネルで三部作を一気に見た。好きなタイプの話ではあるが、つくりの退屈さに苦しんだ。本ならちがうかと思って読んでみた。話はきらいじゃないが、読みづらい。翻訳者の問題なのか、もともとの文なのかわからないが、思わせぶりがひどい。もうちょっとスッキリならないものかと思うが、たぶん残りの三部も読む。

2011/03/15

まろ

加速する文章。悲惨で陰鬱なイギリスに浸る。

2009/03/28

感想・レビューをもっと見る