読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アンドロメダ病原体-変異- 下

アンドロメダ病原体-変異- 下

アンドロメダ病原体-変異- 下

作家
Michael Crichton
Daniel H.Wilson
マイクル・クライトン
ダニエル・H・ウィルソン
酒井昭伸
出版社
早川書房
発売日
2020-05-26
ISBN
9784152099372
amazonで購入する Kindle版を購入する

アンドロメダ病原体-変異- 下 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

上・下巻、500頁超、完読しました。やはり出版しない方が良かった残念な作品でした。遺族がマイクル・クライトンブランドでもう一稼ぎしたかったんでしょうが、マイクル・クライトンの様な斬新なアイデアやサスペンス感は全く感じられませんでした。アンドロメダ病原体に拘らず、新型コロナウィルス的な新たで強毒な感染症を描いた方が、まだ良かったかも知れません。 https://www.hayakawabooks.com/n/n03b66f45bc99

2020/07/27

KAZOO

アンドロメダ病原体の続編ということで楽しみました。病原菌と思いきや必ずしも人類にとっては悪いものではないということがわかります。アマゾンの奥地に奇妙な建造物が成長しつつあるということで、世界から集められた知能がそれぞれの役割を果たしています。宇宙から指示を出す人物や前作の主人公の息子といわれる人物(この人物はあとで本当の正体が明かされます)。宇宙とのつながりをより簡単にするものがキーとなっています。また続きがあるのでしょうか?主人公たちの義理の息子となった子どもの存在が今後…。楽しかった。映画にしてほしい

2022/07/26

at-sushi@やられたくまモンの親友

低予算映画のような地下施設での密室劇だった原作に対し、本作はハリウッド2作目あるある的に予算も舞台もスケールアップ。アレとアレとでアレを造るというアイデアは荒唐無稽ながら面白かったが、映像化を狙いすましたような派手なアクションシーンとご都合主義の連続で、エンタメ路線への振り切り方が凄い。ポップコーンムービーがお好きな方にはお薦めできるが、原作の知的なテイストがお好きな方は別モノと考えておいた方がよいかと。

2020/08/20

紫 綺

あの時の命は生きていた!地球を救う切り札として…。宇宙一スゴい垂直ジェットコースターに乗った気分。楽しかった♪

2021/01/09

よしたけ

病原体との戦いというより、四肢が不自由ながらも天才的頭脳で病原体を使って千載一遇の機会を狙っていた(結果として人類を滅ぼすことも厭わない)国際宇宙ステーションに滞在中こ科学者と合衆国選抜調査チームとの戦い、という感じ。科学専門用語が多すぎて頭の中で描写するのに精一杯(というかあまり描写出来ず)だったが、ラストは暖かなヒューマンドラマあり、未来への継承ありで、綺麗に纏った。個人的には三体の方が壮大だし面白いと感じだが、映画化すれば2001年宇宙の旅のように壮大なビジュアル感で見るものを圧倒できそう。

2021/05/17

感想・レビューをもっと見る