読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

クララとお日さま

クララとお日さま

クララとお日さま

作家
カズオ・イシグロ
土屋政雄
出版社
早川書房
発売日
2021-03-02
ISBN
9784152100061
amazonで購入する Kindle版を購入する

「クララとお日さま」の関連記事

手掛けた数は6000作品以上! 装丁の仕事から見えた亡き父のこと。カズオ・イシグロ最新長編『クララとお日さま』装丁家・坂川朱音さんインタビュー

『クララとお日さま』(カズオ・イシグロ:著、土屋政雄:訳/早川書房)

 2017年にノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの受賞後第一作『クララとお日さま』(早川書房)が発売され話題となっている。

 AFと呼ばれる、子供の親友となるためのロボットがデパートで販売されている近未来を舞台に、ロボットのクララと人間のジョジーを中心にして生命や認知について考えさせられる切ない長編小説だ。

  すべての長編が日本で翻訳されているカズオ・イシグロの作品だが、『クララとお日さま』が刊行されるまでの8つ単行本のうち文庫版も含めて6作品の装丁を手がけたのは、1992年に若くして講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞し、吉本ばななの『TUGUMI』、かがくいひろしの「だるまさん」シリーズの装丁などで知られる装丁家の故坂川栄治氏。

 昨年冬、その年の夏に急逝した栄治氏の回顧展を開催中の坂川事務所に、カズオ・イシグロの最新長編『クララとお日さま』の装丁の依頼がやってくる。栄治氏が手がけ続けたカズオ・イシグロ作品の新作の装丁の担当に指名されたのは栄治氏の娘であり弟子であった朱音…

2021/4/17

全文を読む

関連記事をもっと見る

クララとお日さま / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

カズオ・イシグロは、新作中心に読んでいる作家です。ノーベル文学賞受賞第一作の本書は、AF(Artificial Friend;人工フレンドの略、太陽光発電で動くAI機能を持つ人工知能搭載ロボット)SFファンタジーの秀作でした。思ってるほどロボットの技術は進んでいないので、こういう世界は50年後位かも知れません。 https://www.hayakawa-online.co.jp/new/2020-06-16-220515.html

2021/04/26

zero1

イシグロは【追憶の作家】。本書も同じだが階層社会と【祈り】を描く(後述)。誰かが他人を想う時、結果だけがすべて?それは違う。祈ることが崇高で大きな意味を持つ。AI搭載のロボット、クララは病弱なジョジーのAF(人工親友)に。文学の大命題は【人とは何か】を描くこと。イシグロは人でないクララの視点でそれを描く。400ページを超える長編だが、もっと読んでいたい。作品世界にもっと浸りたい。そう思わせる作品。読んで損なし。英米日など3月2日に世界同時発売。イシグロと同じ時代に生きていることを幸福に思う。

2021/03/27

tokko

優秀なAI(アンドロイド)と不完全な人間を描くことで「人間らしさとは何か?」という問いを、これまでのSFでは度々取り上げてきました。けれど本作ではもっと突っ込んだところまで問いを深めます。「突き詰めれば人間とは情報の集積なのではないか?」という問いに、今の人類は「イエス」とも「ノー」とも答えられません。でもクララは彼女なりの答えを見出します。近未来の、高度に発達した科学技術社会が描かれているはずなのに、どこかノスタルジックな情景が目に浮かぶのはさすがカズオイシグロさん。やさしい文体で上品なSFです。

2021/03/23

けいご

カズオ・イシグロさんごめんなさい!正直あんまり面白くなかったw人工知能のロボットが語る人生物語ってとこは斬新だったんだけど、語り手のクララがAFだからなのか心の距離が遠かったな〜(多分これは著者がワザとやってるんだろうけど)。もしもロボットが人間と当たり前に住むようになり、廃棄され続ければいつかは高度なAIが憎しみと言う感情までも再現し始めたなら人間と機械の溝が深まって最終的には手塚治やターミネーターの世界になっちゃうのかな〜。意識があるまま廃棄されたクララやその他のAF達が心配だね?

2021/08/21

はるのびん

可愛らしい装丁、少女と人工知能の友情物語。と言うイメージに騙される💦 終始もやもやしながら読みました。 人工知能クララだけが良き存在。 人間は身勝手で、狡猾で。 未来はこの物語のようになるのかな?

2021/05/18

感想・レビューをもっと見る