読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ブルーネス

ブルーネス

ブルーネス

作家
伊与原新
出版社
文藝春秋
発売日
2016-08-26
ISBN
9784163905099
amazonで購入する

ブルーネス / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ@2019.11.2~一時休止

3.11を経験後に新たな津波予測に挑む。池井戸さんの下町シリーズに似たような感じで読後感がよく楽しめた。

2016/09/13

おしゃべりメガネ

東日本大震災後、それぞれの'宿命'を背負った科学者たちによる『地震予測プロジェクト』への挑戦を描いています。科学の細かな描写が少なくなく、その部分が読む側によっては多少ストレスに感じるかもしれませんが、話の流れ自体はなかなかドラマチックで、個性的なキャラ達に楽しませてもらえます。池井戸さん的な作風なので、困難に挑戦する姿が好きな読者さんにはハマるのかなと。科学的な描写にチカラが入ってるせいか、せっかく魅力的なキャラそれぞれの個性が若干薄れてしまっている感じか否めません。ちょっと勿体ない作品かなと思います。

2019/06/18

nico

東日本大震災から三年。地震学のプロ達が集まり究極の津波予測に挑む物語。個性的で世間の常識からはみ出した地震研究者の彼らは、各々の知識を武器に大自然に立ち向かう。理系的手法の震災後文学は初めて。津波予測の仕組み等は専門的で理解はなかなか出来ないけれど、何より説得力がある。「僕たちには今、やるべきことがある。津波から人々を守るために、やれることがあります。やれることがあったのに、それをやらなかったとなれば、我々はもう終わりです」各々の得意分野を駆使したプロ集団のプロ意識と心意気に、読んでいる私もアツくなった。

2019/05/21

タカユキ

3・11東日本大震災で、自分の無力さに絶望してしまった若き地震予知研究者が「あの日」を繰り返さないために挑む究極の津波観測システムへの物語。理系が苦手な自分でも登場人物たちの「科学」への思いが溢れてくる物語にのめり込んでしまった。予算もないし、味方もなし、力もないけど、物作りに挑む登場人物たち。発想を転換すること、人に期待すること、できる事ではなく、やれる事を数えること。それらの事を自分も大切にしていきたいと感じました。

2019/06/05

papako

作者お得意のサイエンスもの。311の津波での被害から、津波をリアルタイムで監視するシステムを開発しようとする人達のお話。もちろん架空だろうし、そんなにうまくいかないんだろうけど、そこじゃない。主題は『やるべきだと思った人間がやる』とにかく学究の世界では専門分野を守ろうとし、テリトリー意識が強いんだと思う。そんな風潮に一石を投じるアウトロー達。だけど敵と思っていた教授の後悔、とてつもない。そんな教授が最後にみせた認める勇気がグッときた。なんか元気をもらえました。あれ、ちょっと違う?ま、良かったんですよ。

2019/01/22

感想・レビューをもっと見る