読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

中野京子と読み解く 運命の絵

中野京子と読み解く 運命の絵

中野京子と読み解く 運命の絵

作家
中野京子
出版社
文藝春秋
発売日
2017-03-10
ISBN
9784163906164
amazonで購入する

中野京子と読み解く 運命の絵 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

徒花

「運命」というキーワードをもとに『怖い絵』などの著書で知られる中野京子さんが選定した西洋絵画の物語を紹介する一冊。「運命」というとちょっとフワッとした言葉だが、要するに登場人物や描いた画家本人、もしくは時代の大きな流れなどが変わった瞬間を切り取った絵ととらえればOK。やたら自分の本を参照に出すのが気になるが、絵画の歴史的背景を初心者でもわかるように丁寧に書いてあっておもしろい。もちろんすべてカラー。

ハイランド

今までに増してドラマチックな瞬間を切り取った絵が並んでおり、画家は美しいだけでなく時代そのものを描いているのだ。時に過去を、時に未来を、そして時には異世界をも描く画家の洞察力と技量。「ポンペイ最後の日」も「イギリスの見納め」も、まるで映画のワンシーンのようなドラマチックな絵だが、シェーフルの「パオロとフランチェスカ」が特に印象に残った。不義の恋の快楽の代償に、夫に刺殺され、死後も地獄の烈風に苦しめられる二人。官能的で悲惨な二人を冷徹な眼で凝視するダンテ。人間の業が怖い。秋にムンクの「叫び」が来日しますね。

2018/08/15

のぶ

大変勉強になったが、絵画を読み解くには世界史や聖書他、古典文学の知識が必要であることを改めて知らされた本だった。しかし、そんな知識は一朝一夕では身に付かない。知識を持って鑑賞するに越したことはないが、美術鑑賞はとても楽しいので、知識を持たず漠然と眺めるのも良しだろう。本書で紹介されている絵画は、ほんの一握りだが、時代も多岐に渡っていて、良い絵が揃っている。知っている画家は一部だったが、とても興味深く、改めて展覧会に行きたくなること必至。

2017/05/29

星落秋風五丈原

なんでムンクはそんなに『叫び』のバリエーションを描きたかったのだろう。ひと組の新婚夫婦がとんでもないことになっていくホガースの連作が面白かった。スフィンクスを目の前にりりしい姿を見せた英雄が、実はこの後転落していく運命にある。たしかに運命の絵。

2017/03/29

つーこ

中野京子、待望の新シリーズ!今回は、『絵画の説明』ではなく、『その時代のエピソードを絵画で説明』といった感じ。ローマ帝国、ナポレオン、ドイツ帝国など時代も場所も様々で、さらに神話なども。私の不勉強さもあるが、知らない絵や知らない時代の話が多くとても興味深かった。また私の知りたい病がムズムズ騒ぎ出した。

2019/01/19

感想・レビューをもっと見る