読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

烏百花 蛍の章 八咫烏外伝

烏百花 蛍の章 八咫烏外伝

烏百花 蛍の章 八咫烏外伝

作家
阿部智里
出版社
文藝春秋
発売日
2018-05-10
ISBN
9784163908359
amazonで購入する

烏百花 蛍の章 八咫烏外伝 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あまね

八咫烏シリーズ外伝。登場人物個人の思いや本編裏話を綴った短編集。どれもなかなか相手に届かない(明かせない)想いが語られていて切ない。特に澄尾の、「自分に許されているのは相手の幸せを願うことだけ」という『しのぶひと』は巻末の『わらうひと』と対になっていて、ある意味彼の恋は成就したのかな。『ゆきやのせみ』は、久しぶりに若宮にぽんぽんいってのける雪哉が見られて嬉しかった。まぁ、こんな主に忠誠を誓ってしまったんだから、仕方ない(笑) 今度は長束から見た物語も読んでみたい。

2018/07/10

りー

スピンオフ集。「すみのさくら」「しのぶひと」「ふゆきにおもう」「まつばちりて」は、電子版で先に購入していましたが、残りの「ゆきやのせみ」「わらうひと」は、もーー!これが読みたかったのよ!!っていうど真ん中、ズバン!でした。もったいないから内容書けないけれど、闇にダイブする前くらいの雪哉&若宮が好きなヒトと、澄尾さん&真赭さんのその後が気になるヒトは、読んで平伏すべし。ありがたやーー。

2018/05/10

初美マリン

ふゆき、雪哉の母ですが、賢い人というのは、相手のことも考えるから、理解されにくいというありきたりの人物ではなく興味深い章でした。潔い人達です。

2018/12/15

つーこ

いや〜面白かった。ボーナストラック的な得した気分♪もっと読んでいたいとすごく思った。心に残ったのは『まつばちりて』と『ゆきやのせみ』色んな人や今後に想いを馳せてしまう、そんないい物語だった。

2019/01/25

八咫烏シリーズの外伝。浜木綿の過去や、雪哉の母親と雪馬・雪雉の母親の関係などのお話を読むことができた。澄尾は、存外にいい男だった。

2019/01/03

感想・レビューをもっと見る