KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

望月の烏

望月の烏

望月の烏

作家
阿部智里
出版社
文藝春秋
発売日
2024-02-22
ISBN
9784163918068
amazonで購入する Kindle版を購入する

「望月の烏」のおすすめレビュー

大人気ファンタジー小説「八咫烏」シリーズの第2作が2024年4月にアニメ化! これから「八咫烏」に触れる初心者に向け、シリーズの魅力を解説

『烏に単は似合わない』(阿部智里/文藝春秋)

『烏は主を選ばない』(阿部智里/文藝春秋)

 シリーズ第1作の『烏に単は似合わない』(文藝春秋)刊行から12年、累計発行部数200万部を突破した阿部智里氏のファンタジー小説「八咫烏(やたがらす)」シリーズが、この4月にNHKでついにアニメ化される。アニメになるのは第2作の『烏は主を選ばない』。なぜ第1作の『烏に単は似合わない』ではなく第2作なのか、と本シリーズを読んだことのない人は首をひねるかもしれない。だが、その理由にこそ多くの読者が魅了され続けている。ここでは、アニメで初めて本シリーズを知る人に向けて、ネタバレにならない程度に説明したい。

 八咫烏シリーズとは、山内(やまうち)と呼ばれる異界を舞台に、人間の姿に変化する八咫烏の一族を描き出すファンタジーシリーズ。松本清張賞を20歳という最年少で受賞した第1作の『烏に単は似合わない』で描かれるのは、いずれ一族の統治者となる若宮の后選び。病を患った姉のかわりに候補として後宮に登殿することとなった、「あせび」という名の姫君の視点で物語は始まる。あせびというの…

2024/3/2

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

望月の烏 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆみねこ

新たな金烏の座に就いた凪彦。その后候補の4人が登殿の儀に臨む。蛍・鶴が音・山吹・桂の花、そして落女として宮中で働く美しい澄生。山内を支配する博陸候雪斎(雪哉)。后選びの行方も、行方をくらました澄生も、先が気になって早く続編が読みたい。外界の動きも気になる。

2024/04/18

itica

金烏の妃選びは、かつての同じ儀式を思い出す。(頼りない私の記憶力では心もとないが)頭脳明晰の雪哉の目覚ましい活躍、若き山内衆の団結力が今では懐かしい。月日と共に政の最高峰に上り詰めた雪哉と、現状の山内を憂いる落女の澄生のどちらが正しいのか考えさせられる。次回は新たな局面を迎えるのだろうか。吉報なのか凶事なのか皆目見当がつかないのだけれど。

2024/04/10

pohcho

めぐりめぐって再びのお妃選び。しかも、大紫の御前があせびの方って!(おそろしい・・)こんな母の息子なのに、金烏代の凪彦は意外とまともな青年だった。前回とはまったく様子が異なる四姫登殿の儀に、女を捨て官人になった真赭の薄の娘・澄生がからんで、やっと第二部が本格的に始まったような気がする今作。面白くなってきてとても嬉しい。時系列的にはこの後「楽園の烏」になる。雪哉がすっかり悪者だけど実は・・的な展開あるのかな?(あってほしいな・・)続きが待ち遠しい!

2024/04/19

ままこ

シリーズ第一期を読んでる時点で、まさかこんな展開になるとは思いもしなかった。新章からの2作目。さらに時は流れまた、新たな皇后選びが始まる。金烏の凪彦はどういう運命を辿るのか…。雪斎の真意もまだわからず。そして、キーマンとなりそうなあの人が絡んできた。色んな問題を抱えながら物語はさらに大きく動きそう。続編を早く読みたい。

2024/05/30

あっか

待望のシリーズ最新作!時間軸としては、楽園の烏の直前まで来たのかな?絶世の謎の美女・澄生、金烏代・凪彦、登殿の儀を中心に大部分は描かれる。…ので、読み心地としてはヒリヒリとかハラハラは少なく今までにないくらい穏やかなように感じられました。…が、やっぱりそうだよねー!?という驚き、雪哉それは完全悪役ラスボスの登場の仕方だよ!とか衝撃は何回か。笑 紫苑の宮と浜木綿があの後どういう動きをしたのか、何で鶴が音はあんな(笑)なのか、西家は誰が知っていて知らないのか、あせびは何を考えてる…?など謎がいっぱい!

2024/03/03

感想・レビューをもっと見る