読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おなかのおと

おなかのおと

おなかのおと

作家
菊池亜希子
出版社
文藝春秋
発売日
2019-11-29
ISBN
9784163909288
amazonで購入する Kindle版を購入する

おなかのおと / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いこ

読み友さん(たま ぽんこつさん)のレビューに惹かれて。まず、表紙とエッセイ一編一編についてる、著者のゆるーい感じのイラストに心惹かれる。また文章につけられたタイトル「こそこそおにぎり」「キャピキャピカツ丼」「ザザザーポテチ」などオノマトペが最高!これだけ見ても読む気まんまんになるが、文章がこれらに負けずよかった。著者の「食べ物大好き愛」が全編に渡り溢れている。「そうそう!わかる~!」美味しいもの大好きな私は頁を繰る手を止められなかった。ただ読む時間帯には注意。私は夜中に読んで、朝まで空腹に耐えました。

2020/03/29

coco

今年の読み納め。菊池亜希子さんの幼少期から現在に至るまでの「食」に対する思い出が綴られたエッセイ。家族との思い出や友人、もう会えない人との思い出などが美味しそうな食べものの表現によって可笑しく切なく描かれていました(´ω`)

2019/12/31

縞子

「みちくさ」以来かな?知らないうちに結婚されてお母さんになられていたんですね。とっても大好きなエッセイ。まず、それぞれのお話のタイトルがいい!そして、イラストもかわいい。うまく言えないけれど、文章もすごく心にしみる。家族との話があたたかくて素敵。他の本も読んでみよう!

2020/11/08

Gaooo

著書が醸す雰囲気の通り、ほんわかと親しみを感じる食エッセイ。姉とケンカしたポテトチップス、父に叱られたメロン、母に目撃された肉まん。様々な思い出が食べ物の記憶とつながっている

2021/01/01

rin

★★★★★…むぐむぐ、とろりん、ぷにぷに、ズバズバ、ぽろぽろ。愉快なオノマトペが並ぶ目次にニヤリ。「こそこそおにぎり」の冒頭から鷲掴みにされる。たくさんの食べ物と共に語られる楽しい思い出、嬉しい思い出、そしてちょっぴり切ない思い出の数々。あっこちゃんの言葉に引っ張られるように忘れていた味やエピソードを思い出した。あったかくってお腹の空くエッセイ。

2020/05/03

感想・レビューをもっと見る