読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ダンシング・マザー

ダンシング・マザー

ダンシング・マザー

作家
内田春菊
出版社
文藝春秋
発売日
2018-11-22
ISBN
9784163909332
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「この後の静子の態度次第によっては、静子は私の敵になるのだろうか。そんなことはさせないわ。私が産んでやったんだもの。」

鬼母降臨!

あの衝撃の自伝的小説『ファザーファッカー』から25年。
少女を追い詰めた養父の虐待を、今度は母の視点で描いた力作長編。

25年後のあとがきや、精神科医・斎藤学氏による解説を加えた、完全版『ファザーファッカー』(2018年11月刊)も好評発売中。

「ダンシング・マザー」のおすすめレビュー

母はなぜ、養父に性的虐待を受ける娘の敵にまわった? 『ファザーファッカー』から25年、明かされるもう一つの真実

『ダンシング・マザー』 (内田春菊/文藝春秋)

今はあんた、子どもだからわからないかも知れないけれど、あたしはあんたのためを思って言っているのよ。それだけはしちゃだめ。それをしたらおしまいよ。(P197より)

 養父から性的虐待を受けているのを知りながら見過ごし続けてきた母は、娘を愛していないわけじゃないのかもしれないと思ったのは、このセリフがあったからだ。『ファザーファッカー』(内田春菊/文藝春秋)で、殺意をたぎらせた娘・静子が包丁を握る場面である。自伝的小説である同書が世に放たれて25年、母・逸子の視点で描かれた『ダンシング・マザー』(文藝春秋)が刊行されたと聞いて、読まないわけにはいかなかった。あのとき、あの瞬間、逸子がなにを感じていたのか、どういうつもりだったのかをただ、知りたかった。

「たぶんこう思っていただろう、と推測するしかない」「母が読んだら“違う!”と怒るかもしれませんが、本書はフィクションですから(笑)」と内田さん自身が文春オンラインのインタビューで語っているとおり、本作はあくまで小説で、事実ではない。「終盤の作業は、随所に吹き出…

2018/12/16

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る