読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

眠れる美女たち 下

眠れる美女たち 下

眠れる美女たち 下

作家
Stephen King
OwenKing
スティーヴン・キング
オーウェン・キング
白石 朗
出版社
文藝春秋
発売日
2020-10-29
ISBN
9784163911571
amazonで購入する Kindle版を購入する

眠れる美女たち 下 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

上・下巻、二段組、900頁強完読しました。1万匹の蛾のビジュアルから始まったので、もっと怖いかと思いきや、どちらかというとダーク・ファンタジー系でした。タイトルは、『Sleeping Beauties』ですが、ほとんどの女性が感染して眠るのであれば、決してBeautiesではなくWomenだと思います(笑)

2020/12/08

nuit

最後の方で刑務官のヴァネッサが「あの女はなんだったのかな」と受刑者に問う場面があるが…いったいなんだったのか、読み終えても正直自分の中で物語を消化するのが難しい。いつものキングお得意の群像劇の中にも、今回はお気に入りキャラがあまり活躍することなく、メインキャラには魅力を感じれなかったのも残念。とはいえ、面白くないということではないからね!うまく感想が書けませんが、是非キングのファンタジーが好きな方には読んで頂きたいです。

2020/12/06

hundredpink

只々長い。

2021/03/30

オーウェン

下巻は眠りについた女性たちが住む世界と、残された男たちがイーヴィを匿う側と、それを消そうとする急進派の衝突が起きる。 上巻で描かれていた複数の人物の顛末がどうなるのか。 またイーヴィは救世主なのかそうでないのか。 欲望剥き出しの人物や、クリントとフランクの対立などが中心だが、女性たちの住む世界も混乱が次第に始まる。 結末のイーヴィはまるでキリストかブッダのような存在というのは、少々安易に思えた。 広げた世界観の割に、消化しきれてないキャラがいるのも勿体ない。

2021/03/07

白のヒメ

何とも難解な哲学的小説。どうなんだろう、やっぱり人間に男女という性別があるからには、その役割というものは絶対的なもので変えようと思って抗っても、結局何も変わらないのかもしれない。最後のキツネの言葉が印象的だ「ただ、静かに暮らしたい」お互いの存在に感謝しつつ、正しいことをして穏やかに生きる事こそが、生きながらの極楽になるのだろうな。

2021/01/11

感想・レビューをもっと見る