読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アウトサイダー 下

アウトサイダー 下

アウトサイダー 下

作家
スティーヴン・キング
白石 朗
出版社
文藝春秋
発売日
2021-03-25
ISBN
9784163913520
amazonで購入する Kindle版を購入する

アウトサイダー 下 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

上下巻、二段組、700頁弱(どうせなら666頁にして欲しかった)、完読しました。最期はあっけなかったですが、まずまずの出来ではないでしょうか? 但し、アウトサイダー(部外者)という表現は、違うような気がしました。 https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163913520

2021/05/27

人は自分の理解の及ばないものを信じることが出来ないといった一面を認識させてもらいました。上巻を読み終えた時にはどんなトリックなんだろうと考えていたけれど、スティーヴン・キングが「ホラーの帝王」という事を忘れていた。下巻で最も印象に残ったのがホリー・ギブニーです。個性的で魅力的な人。事件を解決に導いたのも彼女だった。もし、彼女が私の周りに居れば私は間違いなく友達になりたいと思わせてくれました。これから読む方の為に敢えて内容には触れないけれど、スティーヴン・キングが「ホラーの帝王」と呼ばれている事を忘れずにw

2021/09/06

nuit

キングの「IT」や「呪われた町」はもちろん、退職刑事ビル・ホッジズシリーズの好きな方なら絶対にハマります。いや、そうでない人もキングの素晴らしさを是非味わっていただきたい。ラルフ刑事率いるチームに探偵社調査員ホリーも加わり、伝説のモンスター、エル・クーコと対決!それぞれのキャラもいいし、愛すべきホリーも前にも増して成長しているのが微笑ましい。訳者後書きにてホリーの登場する短編もあるとのこと。早く読みたいです。

2021/06/24

オーウェン

上巻の最後に登場したホリー・ギブニーが探偵として加わり、テリーの謎を解き明かすため奔走する。 しかし盛んに匂わせていた見知らぬ人物の存在が正体を現す。 やはりキングなので、そちらの方向に話が進む。 そして名付けられたアウトサイダーがラルフに迫る。 どう落とし前をつけるかだが、ホッジス3部作でも描いていた戦い方を継承している。 ホリーがホッジス亡き後の悪夢に苦しんでいる通り、ラルフもまた苦しんでいくのか。 そして今後ミステリはホリーが関わっていくシリーズとなるのだろうか。

2021/06/03

キムチ27

下巻は 空気が変わり、ドラマの世界だった。半ばで奴の存在が浮上し、刑事と弁護士らは洞窟へ。2段組みの展開はしんどいながら、一気読み。終わってみれば、伏線が見事に回収され、見事なあっけなさ。終盤でのホリーとラルフの会話上手く纏ている⇒「現実世界は薄い氷上でスケートをしているようなもの、一旦割れ 暗黒の海中に落ちる事もありうる」が、「善を目指す力」もあり、それを信じる信念があるからこそ 恐怖に立ち向かい 正気を保てる」善と悪、この世界にあるバランスを回復させようとする力の存在を語る場面はさすが老練キングだ

2021/08/04

感想・レビューをもっと見る