読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

知らなきゃよかった 予測不能時代の新・情報術 (文春新書)

知らなきゃよかった 予測不能時代の新・情報術 (文春新書)

知らなきゃよかった 予測不能時代の新・情報術 (文春新書)

作家
池上彰
佐藤優
出版社
文藝春秋
発売日
2018-08-20
ISBN
9784166611683
amazonで購入する Kindle版を購入する

知らなきゃよかった 予測不能時代の新・情報術 (文春新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

岡本

定番となってきた二人の対談。ニュースなどでは報道しない事や普段の池上さんより踏み込んだ話をしてくれる。世界情勢を知れば知るほど知らなきゃ良かったと思う事はあるが、知らずにいるよりは知っておきたいし、これからも本を読もう。

2018/08/30

あすなろ

基本的に読むようにしている池上・佐藤両氏の本。やはり勉強している方の本が自分の知識の得や易さが溢れているもの。変わらず興味深く読んだが、今回は個人的に2つが強く印象に残ったかと。ヒラリー・オバマ・トランプ各氏といる中での米大統領の並べ直し論は興味深かった。トランプの後にオバマだったら?後、赤裸々に書いて出版出来、千円足らずで国家防衛機密が買える我が国という見方。これは元自衛官というような立場からこれらを書いてそのまま出版してしまう我が国の不可思議さを解く。その他、秋篠宮家とICUの捉え方など示唆に富む

2018/10/27

ホッパー

対談形式なのでとても読みやすく、興味深い内容で大変面白かった。最新の情勢も知りたくなる。読めば読むほど、世界情勢のことを自分は何も知らないに等しいな、、と日頃の情報収集に関する怠惰を反省した。アンテナの張り方を考え直す良いきっかけになる。

2021/08/10

はる

書店で手にとって読んだ本。おもしろくてどんどん読めた。今の世界の状況をそのまま解説してくれていて、出てすぐ読めて新鮮だった。世界の武器とか争いとか現実味がなく、知らなきゃよかったとは実感としてないけれど、このままだと世界は怖い世の中になりそうな気がする。

2018/08/28

みゃーこ

先進技術によってあらゆるもののスピードが上がっている。これまでの10年はこれからの3年になるという学説もある。それなのに政治はそれに追いついていない。それに追いつけるのは優れたリーダー、英明な指導者だってことになって独裁者が求められるのだ、っていうのは世界を見渡すとわかるのだが、私はまどろっこしい民主主義がいい。

2019/04/05

感想・レビューをもっと見る