読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

教養脳 自分を鍛える最強の10冊 (文春新書 1315)

教養脳 自分を鍛える最強の10冊 (文春新書 1315)

教養脳 自分を鍛える最強の10冊 (文春新書 1315)

作家
福田和也
出版社
文藝春秋
発売日
2021-05-20
ISBN
9784166613151
amazonで購入する Kindle版を購入する

教養脳 自分を鍛える最強の10冊 (文春新書 1315) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

福田さんの本はどちらかというと昭和天皇、松下幸之助などの評伝を読んできていますがこのような分野の本は久しぶりです。ご自分の本を書かれるときの文献をあたってのメモの取り方などについても読んだことがあるのですが、この本はそのやり方での分析方法でまとめたという気がしました。10冊の本のポイントを示してくれていて再度自分でも読みなおそうという気がしました。8冊は既読ですが他の2冊ともにじっくり読んでいく気にさせてくれました。

2021/06/03

ふみあき

著者の本を手に取るのは、かなり久しぶり(10年以上前に『乃木希典』を読んで以来か)。「最強の10冊」に『神曲』や『論語』に並んで、スタンダールの『赤と黒』が挙げられている。『赤と黒』も『パルムの僧院』も20代の頃に挑戦したけど、どちらも上巻の途中で挫折したっけ。スタンダールが生前は文壇、読者にほとんど無視されたこと、虚栄心が旺盛な俗物で、恩人の奥さんに手を出す好色漢だったこと(しかも『恋愛論』など物しているのに、さほどモテなかった)、軍人、官僚としては、それなりに有能な人だったことなどは初めて知った。

2021/05/26

古本虫がさまよう

「難しい本と長い時間をかけて対峙した結果、自分の中に生じる共感や反発は、他人に対する想像力につながる。これこそが教養の要なのだ。新型コロナウイルスの感染拡大で世界が分断された今、人間が自分のことしか考えられなくなっている今こそ、教養は必要だ」と「まえがき」で記している。そのご指摘はもっとも。『我が闘争』『論語』はひもといたことがあるけど。『万葉集』は、原典より解説書として斎藤茂吉氏の『万葉秀歌』、渡部昇一氏の『万葉集のこころ日本語のこころ』かな。そのほかに読んだのは『赤と黒』など。 積んどく入れても5割?

2021/05/16

かずりん

「自分を鍛える最強の10冊」との副題にもあるように本書は教養を強化してくれる。インターネットで瞬時に世界と繋がるようになり検索すれば内容はすぐわかる。しかしそれは瞬時というくらいだから瞬時に去っていきすぐ忘れ身に付かない。長い歴史の中、淘汰されず今日にあっても光り輝く名著、大著は、真理を突いており難しいがそれなりの価値がある。だからこそ想像力が養え現代の難問に立ち向かうだけの考える力をつけてくれる。筆者の解説を加え導いてくれるような本書は、まさになくてはならず、更にこのような書が出ることを希望する。

2021/06/02

startvalue

★★

2021/06/12

感想・レビューをもっと見る