読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神苦楽島 下 (文春文庫)

神苦楽島 下 (文春文庫)

神苦楽島 下 (文春文庫)

作家
内田康夫
出版社
文藝春秋
発売日
2012-11-09
ISBN
9784167666163
amazonで購入する Kindle版を購入する

神苦楽島 下 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

☆kubo

なかなかきれいに?決着ついたけど、後半はちょっと失速気味かな。ダラダラと推測の足元固めをしていた感じ。"モスケ"って言った理由がわかんなかったな。どこかに書いてあったっけ?

2013/03/09

速魚

解決のしかたまで 安定感!!どこまでも因縁めいた「拝み屋」の関係者達... あ!初携帯おめでとう♪

2013/02/08

ゆう

淡路島の「拝み屋」は聞いたことないけど、とてもよくあたる占い師さんがいて友達が相談に行っていたのを思い出した。神秘的な土地柄なんでしょうか。今回の事件は、浅見光彦がおおっぴらに捜査本部に顔をつっこみ、解決へと導いていくものでした。

2014/09/03

ジーク

淡路島の風俗や風習に感心しつつ、結末はすっきりしにくいものが…。

2014/05/11

R2

複雑な謎解きが終わった。この作者の淡路島や太陽の道の下調べに感服です。

2014/07/22

感想・レビューをもっと見る