読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

殺人初心者 民間科学捜査員・桐野真衣 (文春文庫)

殺人初心者 民間科学捜査員・桐野真衣 (文春文庫)

殺人初心者 民間科学捜査員・桐野真衣 (文春文庫)

作家
秦建日子
出版社
文藝春秋
発売日
2013-03-08
ISBN
9784167841010
amazonで購入する Kindle版を購入する

殺人初心者 民間科学捜査員・桐野真衣 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タックン

(アンフェア)の秦さんの新シリーズ。民間科学捜査員っていうのが新規で面白い・・・・でも本当にあるのかなあ?ヒロイン真衣のキャラが少し弱いものの読みやすい。グロイ碁盤目の殺人事件の真相はあっさりしてたなあ。題名と途中にある科学部の日誌・メールみたいなのに違和感があったと思ったら最後に・・・・!!ダニに表情があるなんて!!このシリーズもっと読みたいかも・・・・

2015/05/04

積読亭くま吉(●´(エ)`●)

★★☆普通?(笑)途切れがちな集中力のせいなのか、はたまた本作がそうなのか、中盤からダレて長い~っ。これならもっと短編でもよろしくてよ|ू・ω・` )ドラマ化、シリーズ化ありきで書いてるから、それ用の材料が扮団にあしらわれております。偏屈で切れ者過去に曰く有り気な相棒、猟奇連続殺人事件、絵に描いたような 刑事課捜査員の面々、自覚は無いがエキセントリックで才能有り気、なのにチョット残念な主人公。そもそも、この設定に飽きてきたぞぉ。って思いながら、何にも考えずに本読みたい時には、この手の作品がほんと…便利。

2016/10/24

utinopoti27

桐野真衣は、秦さんのシリーズキャラとしては、アンフェア雪平夏見に次ぐ二人目になります。正義感が強く一途で頑固者、ドジな勇み足はご愛敬と、内藤了さんの「猟奇事件捜査班」藤堂比奈子にそっくりのキャラ付け。本作は、秦作品特有の思わせぶりな描写が随所に挿入されていて、テンポの良い平易な文章は中だるみを感じさせません。ただ、ストーリーの本筋と思われた連続猟奇殺人は、意外とあっさり解決し、肝心の事件との関連性が弱いのが残念なところ。まあ推理小説ではないので、趣向を凝らした構成を楽しむのが正しい読み方なのでしょう。

2017/11/19

優花 (@⌒~⌒@)モグモグ

読みやすくサクサクと読んでしまいました。桐野真衣と緋村のコンビネーションも好き。これからの桐野&緋村コンビに期待。

2016/04/22

はつばあば

殺人初心者が面白かった・・等と云えば、変質者じゃないかと疑われても仕方ないくらい気分転換の息抜きになった。婚約破棄されてリストラされてマンションまで買ってしまって身動きつかない真衣。元婚約者の妹から紹介された科学捜査員の仕事。理系婆じゃないから余計にこの仕事が面白く思える。緋村の持つ指揮棒も興味あるし、指紋採取もワクワク。この会社に入社して3週間の真衣だが、ずっとこの仕事をしていたような・・ダニも人も代らないってことか。次巻もあるようだし購入を急ごう

2015/08/13

感想・レビューをもっと見る