読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)

作家
阿部智里
出版社
文藝春秋
発売日
2017-06-08
ISBN
9784167908638
amazonで購入する Kindle版を購入する

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nayu

最高に面白い。     最高に楽しい。    素晴らしい少年たちの胸熱な青春!      雪哉ってこんなに凄い奴だったんだなぁ。すげぇよ雪哉。      雪哉の章の内容は不意打ちを喰らった。    宮烏と山烏の交友。友情。       「真の面白い小説」が読みたいなら八咫烏シリーズ。

2017/11/21

ナイスネイチャ

八咫烏シリーズ4弾。学園もの?雪哉が天才っぷりを発揮するところ映像で見てみたい。文章じゃあ分かりにくいなぁと。仲間も味があってこれからの活躍が楽しみです。

2018/06/08

hnzwd

八咫烏シリーズ第四弾。今度は勁草院という朝廷直属部隊を目指す少年達の学園が舞台に。同期や先輩、嫌なヤツとぶつかりながら学園生活を送る雪哉。久しぶりに読んだので、あれ?雪哉ってこんな性格だったっけ??と、思いながら読んでいたので、後半の「ですよねー」感が凄かった。ラストは八咫烏シリーズの世界の謎を感じさせ、やはり最後まで読むしかないと改めて思うのでした。

2017/06/16

rico

八咫烏シリーズ4作目。舞台は山内衆を養成するための全寮制の学校勁草院。ということで、入学式、授業、試験といったの日々の中、少年たちはぶつかり合い、競い合い、友情を深め・・・という学園もの。大人の事情が色々影を落とすのだけど、外の世界を思うとここは楽園。少年たちがわいわいやってるのを見ると、「青春しろよ!」と背中のひとつでもたたいてやりたくなる。それにしても、雪哉ってこんなに性格悪かったけ? 学び舎の外では厳しい戦いが待っている。みんな頑張れ。オバサンは応援してます。

2017/08/25

enana

八咫烏シリーズ第4弾。雪哉の勁草院での学園生活編

2017/06/18

感想・レビューをもっと見る