読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

最高のオバハン 中島ハルコはまだ懲りてない! (文春文庫)

最高のオバハン 中島ハルコはまだ懲りてない! (文春文庫)

最高のオバハン 中島ハルコはまだ懲りてない! (文春文庫)

作家
林真理子
出版社
文藝春秋
発売日
2019-08-06
ISBN
9784167913274
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

金持ちなのにドケチな女社長・中島ハルコ第二弾!
ドン引きレベルの傲慢さで、どんな悩みもスパッと解決。

金持ちなのにドケチな女社長・中島ハルコは超パワフルなスーパーマダム。
そんなハルコのもとには、様ざまな悩み事を抱えた人たちが集まる。

恋も仕事もパッとしない菊池いずみもその一人。
ハルコの核心を突く毒舌と正論で長年の不倫生活から脱却した。
最近は、ハルコに何かと用事を言いつけられて……。

肥満に悩む財閥御曹司、夫の浮気に苦しめられる梨園の妻、医学部を辞めた息子の進路などなど。
悩める子羊たちにハルコはどんな救いの手を差しのべるのか?

※この電子書籍は2016年7月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

最高のオバハン 中島ハルコはまだ懲りてない! (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

バイクやろうpart2

林真理子さん2作目です。家内が珍しく2日で読み終え、痛快!との評で読み始めました。なるほど、ハルコさんと、いづみさんの掛け合いが漫才の如くサクサクと爽快でした。 どちらかと言うと、毎度、やや重めの小説に固執してましたが、こうした軽快な作品もこれから経験したいと思います。

2019/09/17

Kana

今回も一気に読了。相変わらずハルコさんのパワーには驚かされる。いづみも幸せで良かった。まだまだハルコさんの話を読みたいので続編希望。

2019/08/08

みち

ハルコさん、53歳?もっと上かと思ってたわ。

2019/08/23

みどり

これを読んでいると自分の悩みなんてほんとうにありふれていてちっぽけだと思う。ちょっとやそっとのことで人生に動揺しないように「知らないことや物に対して怖いと思うので知っていれば耐性がつくのかも」と思い本を読んでいても、実際起こるとびっくりしてしまうものだなと最近つくづく感じる。「ハルコ、五十女を脱がす」は既婚者の恋愛や自己顕示欲・承認欲求について考えるところがあった。"男性に求められること"のみが自分の魅力を証明するという考えが24としては悲しい。もちろん大事だとわかっていても。未来に希望は持てないのか?

2019/08/28

ミキティ

中島ハルコはクセになる。1作目より、更に傲慢さに磨きがかかり、爆走するハルコ。上から発言の割には何かあると頼ってくるハルコにいづみも、皮肉も交えながらズバズバものが言えるようになり、いいコンビとなった。今回、いづみに恋人もできて、どんどん仲間や話が広がっていくが、他の人が言いたくても言えないハルコのとどめの言葉が相変わらず小気味いい。

2019/09/30

感想・レビューをもっと見る