読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ヤギより上、猿より下 (文春文庫)

ヤギより上、猿より下 (文春文庫)

ヤギより上、猿より下 (文春文庫)

作家
平山夢明
出版社
文藝春秋
発売日
2019-08-06
ISBN
9784167913298
amazonで購入する

ヤギより上、猿より下 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

H!deking

単行本からの再読です。いやこれホント最高です。それ以外に言葉が浮かばない。ハチャメチャなようでいながら、底辺に住む人達への愛とリスペクトを感じる。そして言葉遊びのセンス。最高。最the高。唯一無二ってやつですね。初めて読んだ時は思考が追いついていかなかったけど、やっぱり凄い作品でした。肩こりはほぐれました。どうでもいいけど、ホーカーズネストがフッカーズネストになってたね。これはわかる人にだけ読んでもらいたい名作です。デブを捨てにと併せてぜひ!

2019/08/12

TSUBASA

あらすじやタイトルの意味を書くことが憚られる表題作ほか三編の問題作。平山氏は解説で言われている様に、常人では決して超えられない境界線や限界をたやすくぶち破ってくるのが魅力だ。それでいて糞の大海の中に一粒光る良心の何と美しいことかと思い知らされる。あと、強烈な印象を残す表現が好き。「濡れた犬のような臭いのするハーブの茶」「殺す相手のことなど靴べら程度にしか考えたことはなかった」「そんなの死に物狂いで鼻糞掘りましたってのと一緒だろ」。良い子は見ちゃダメ、悪い子は是非見ていただきたい。

2019/08/22

APIRU

なにが「どうぶつ好きあつまれ~!」だ、って帯見て笑いました。本当に動物好きで純真で健全な少年少女たちが間違って買ったりしたらどうするんだろうか、と妙な心配が湧いてきたものでした。全四篇。最初の三篇はダークだったり虚無感が漂っていたり、どのお話も好みです。特に三篇目の「陽気な蠅は~」の最後ではなにか切なさが残りましたが、続く最後の表題作でその余韻もすべて事象の地平に消え去りました。笑いました。魂消ました。その内容ゆえ、あまり大っぴらに言うのは憚りありますが、とにかく面白かったです。凄かったです。最高でした。

2019/08/14

ドットジェピー

『ヤギより上、猿より下』え?どういう意味?と思いましたがなるほどと思いました

2019/08/22

じゅん。

またもや普段考えないような世界へ連れてってくれました。表題作である「ヤギより上、猿より下」は、もうカオスすぎて何回笑ったことか。

2019/08/24

感想・レビューをもっと見る