KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ロッキード (文春文庫 ま 33-5)

ロッキード (文春文庫 ま 33-5)

ロッキード (文春文庫 ま 33-5)

作家
真山仁
出版社
文藝春秋
発売日
2023-12-06
ISBN
9784167921491
amazonで購入する Kindle版を購入する

ロッキード (文春文庫 ま 33-5) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

AICHAN

図書館本。ギョッとするほど分厚い本。見た途端途、これは斜め読みするしかないなと思った。じゃなければ期日までに図書館に返却できないと思った。それで、年取って脳が弱ってから禁じ手にしていた斜め読みをした。年取っているから斜め読みでは完全な理解はできなかったが、よく取材してまとめ上げているなと感じた。昭和史を語る上でロッキード事件は避けられない。田中角栄ははめられたのだという見方が出てきている。真相はどうなのか。

2024/04/23

Daisuke Oyamada

私の年代でニュースとかを見て、うる覚えしているのは、福田赳夫首相くらいからです。調べてみたところ、昭和51年12月~昭和53年12月の在任です。 では、田中角栄はと思ったら、昭和47年7月から昭和49年12月、2年5ヶ月とそれほど長期政権というわけではない。  しかしその後、政界を牛耳っている印象がある。田中角栄から始まったと言われる「金権政治」本書ではその後継者、竹下、その後を引き継ぐ小沢。そんな記述が・・・ https://190dai.com/2024/04/02/ロッキード-真山仁/

2024/04/02

majimakira

真山仁氏渾身の、初のノンフィクション大作。戦後最大の疑獄事件にして、一方でカネの流れにも当事者の利害関係にも不可解な点が多く、そこに示されるファクトと真山氏の重厚な仮説が興味深い。故に依然検証・研究が終わらないことにも頷ける。真山氏や解説の奥山氏も仰る通り、対米・対中関係やそこに潜み得る謀略を通じた我が国の未来を占うためにも、本件の重要性は引き続き高いのだと感じた。事件の始まりとされる現金授受から50年、そして田中角栄氏が上告中に汚名と共に世を去ってから30年という節目に本作が文庫化されたというのも凄い。

2023/12/18

タイガーとらじろう

「なぜ田中角栄は葬られたのか」をテーマに今から50年前に日本を揺るがした事件に、稀代のストーリーテラーの真山仁さんが挑む。取材内容、取材から紡ぎ出した仮説は大いに読み応えがある。が、ではだれに、なぜ、どうやって葬られたのかまでは核心に近づいたが、ゴールはまだ先、もしくはゴールが見えていない、というところか。戦後から今まで続く日米関係史、独立国の仮面を被った植民地日本の姿、他社にストレスを負わせることで保つアメリカの正義の形を余すことなく伝える。

2024/01/24

pokuta

非常に面白かった。 子供の頃、デレビで証人喚問やっていた記憶あり。これ読むとなにもわかないで田中角栄という人物を毛嫌いしていたんだなぁと反省を込めて思う。検察の手口というのは最近の大川原化工機といい何も変わっていないんだなぁ、何が99.9だと思う。角栄が頑張っていたら日本はもっと良くなっていたのかどうか?その当時の民衆はとにかく角栄憎しにベクトルが向いていて、角栄有罪が絶対命令だったのだろう。この事件は日本を取り巻く時代と民意で作られた話のような気がした。

2023/12/28

感想・レビューをもっと見る