読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

非弁護人 (文芸書)

非弁護人 (文芸書)

非弁護人 (文芸書)

作家
月村了衛
出版社
徳間書店
発売日
2021-04-30
ISBN
9784198652760
amazonで購入する Kindle版を購入する

非弁護人 (文芸書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

月村 了衛は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。 弁護士が活躍するミステリは頻繁に読んでいますが、非弁護人の物語は、初めてでした。エンタメに徹した内容で楽しめます。シリーズ化もあるかも知れません。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000339.000016935.html

2021/06/11

いつでも母さん

面白い!カバーがインパクトありでドキドキしながらページを捲った。元検事だがヤメ検にもなれず、裏社会と表の狭間を生きる男・「非弁護人」宗光から目が離せない。ハッキリ言おう。好きです!だが弱者にたかる悪の臭い…この犯人はとても狡猾で、このまま逃げ切るのかー?ってぎりぎりの攻防が好い。やくざ組織の蜂野とコンビで(篠田弁護士も)シリーズ化希望したい。しかし、こんな風に人がいなくなるって怖いなぁ。

2021/05/31

のぶ

面白いキャラクターを作り上げたものですね。主人公の宗光彬は元特捜検事だったが、ある事件を機に検察から追われ、弁護士に鞍替えすることもできず、カタギであることを捨て、非弁護人としての生きざまを選択する。弁護士じゃないので裁判にも出られない。そんな闇の世界を棲み家に毎日をおくっている。ある日、ふとした経緯で、パキスタン人少年から「いなくなったクラスメイトを捜して欲しい」という依頼を受けた。ここから真の物語が展開するが実に読ませる。後半の裁判が始まってからの展開は見事だった。シリーズにしても良いかもしれない。

2021/05/13

GAKU

『あんた、ヤクザにもカタギにも見え ないけど、一体どういう人なの』 『ヤクザでもカタギでもない男ですよ』 特捜検事から一転犯罪者に。弁護士資格を剥奪され裏社会で「非弁護人」呼ばれている、宗光を主人公とした月村氏の新作。 これは面白かった。私大変好みです。シリーズ化希望!

2021/06/15

ぽてち

元検事の宗光彬を主人公とした社会派ミステリー(?)だが、序盤からの展開はキングばりのモダンホラーかと思うほど怖かった。超自然の悪を相手にしているかのような薄気味悪さだ。中盤からは本来の姿に戻り、クライマックスは法廷ものと、1作で3度楽しめるお得な小説だった。にしても、本作も単発で終わるのは勿体ないキャラ揃いで続篇を期待してしまう。

2021/06/20

感想・レビューをもっと見る